Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

担保提供者が高齢の場合の融資審査

担保提供者が高齢の場合の融資審査

不動産担保ローンを検討中でご家族の担保提供者が高齢者の場合は、意思能力確認のために痴呆症でないことを証明する医師発行の診断書の添付や、長谷川式認知症スケールという簡易的な知能検査のクリアが融資の審査条件になっているノンバンクが大半を占めます。診断書の提出に難色を示す高齢者も多く、資金需要者から貸し出す側の貸金業者へ柔軟な対応を求めるニーズも高いのですが、犯罪収益防止法の観点や高齢者の財産保全の観点からも厳しい融資審査基準は当然必須です。
本日は事業資金捻出のため、お父様所有の実家不動産を担保として不動産担保ローンを希望するお客様の事例をご紹介します。
気になる事例VOL・30 は埼玉県上尾市在住の飯島様。35歳の女性で、さいたま市内でイベント企画会社経営の法人経営者の方です。
ライボー適用変動型金利の長期返済計画で500万円の法人向け不動産担保融資希望です。

担保物件:埼玉県上尾市東町の一戸建て住宅
登記簿権利(甲区):飯島様のお父様権利
登記簿権利(乙区):特に無し
利用形態:居住用住宅
土地50坪 木造2階建て昭和62年新築
飯島様ご家族4人が居住
担保査定:不動産担保ローン審査対象物件はJR高崎線上尾駅より徒歩で約15分の住宅街に位置する。上尾駅近辺には大手デパートの丸広、上尾市役所も徒歩圏にあり、住環境としては非常に良い。都内へのアクセスも上野駅まで乗り換えなし、湘南新宿ライン利用で新宿駅までやはり乗り換え無しと利便性は高い。大宮駅までは2駅でアクセスでき、都内へ出なくても事が足りるので昔から埼玉県内の中級住宅地として人気がある。上尾駅徒歩15分圏内の不動産土地取引平均坪相場は50~60万円で取引されている。不動産担保ローン審査対象物件は上尾駅より徒歩15分で、人気のある中級住宅地ということも考慮して通常土地取引相場での売買が可能と判断。よって土地坪数50坪×坪単価50万円=総額2500万円と不動産担保評価。住宅ローン等の抵当権設定も無いが、お父様が80歳と高齢のため、医師発行の診断書の添付、担保提供のための提供同意の意思確認、不動産担保ローン金銭消費貸借契約の事前説明書等の署名捺印等をご承諾いただき、飯島様には法人決算書3期分、各種納税証明書、事業計画書等をご用意いただきまして後日、融資金額500万円、貸出金利6,5%、返済年数20年、毎月々3万7000円お支払い、返済総額約895万円という内容の法人向け不動産担保ローンが融資実行となりました。
本日は高齢者の担保提供による法人向け不動産担保ローンを希望されるお客様の事例をご紹介しました。
気になる事例VOL・30 本日はこの辺で。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP