Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、貸金業法第24条の40の規定に基づく講習の
過程を修了したABCサニーの貸金業務取扱主任者スタッフがより一層のお役に立つ情報を配信中!

新規開業資金融資審査には柔軟で借りやすい担保ローン

新規開業資金融資審査には柔軟で借りやすい担保ローン

不動産担保ローンは様々な用途や資金使途に対応できる人気の金融商品ですが、貸金業法の法改正により資金使途や用途に合わせたエビデンスの提出が融資審査においての必須事項となりました。
単純な不動産担保ローンの借り替え融資であれば、登記簿謄本閲覧による担保権の確認や金銭消費貸借契約書の提出、信用情報与信調査等で債権債務の有無は確認できます。
自宅リフォーム資金や商品購入資金等も業者見積書の提出や、融資実行時の業者への支払い一任で補完できます。
しかし新規事業開業資金への融資実行は事業計画書の作成等で事実確認するしか方法がありませんので、その事業計画書の完成度や事業計画の信憑性で与信判断するため融資審査は通常よりは厳しくなります。
自己所有する不動産で住宅ローンも完済していて不動産担保評価も問題ないのに、新規事業開業資金の融資審査が銀行相談で否決されたという資金需要者は事業計画自体の見直しが必要なのかも知れません。
ノンバンクの不動産担保ローンは新規事業開業資金にも柔軟に対応し、事業計画書の完成度や信憑性を最重要視していない借りやすい不動産担保ローンですので、融資相談してみることをおすすめします。
本日は新規事業開業資金調達を銀行相談するも事業計画の信憑性から融資否決されたため、ノンバンク利用による借りやすい不動産担保ローンを検討されるお客様の事例をご紹介します。
気になる事例VOL・117 は大阪府泉佐野市在住の松坂様。62歳の男性で、飲食店の新規開業準備を進める新規事業者の方です。
新規事業開業資金として長期返済、固定金利型返済方式で1000万円の不動産担保融資希望です。

不動産担保ローン審査対象物件は土地100坪、建物木造平屋建てで昭和54年新築です。
松坂様ご家族が現在居住用物件として利用中です。
2年前に住宅ローンは完済していて、現在は抵当権設定等ありません。
不動産担保ローン審査対象物件はJR阪和線東佐野駅より徒歩で約10分の第1種低層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引坪相場は平均で坪15~20万円前後です。
大規模な住宅分譲地内で、和歌山駅と大阪駅の中間点に位置するためサラリーマン通勤族のベッドタウンとして機能しています。
土地坪数も100坪と広めの土地需要のある地域特性にもマッチしているため、通常不動産売買相場での取引が可能と担保査定されました。
よって土地100坪、土地坪単価15万円、総額1500万円と不動産担保査定評価しました。
1000万円の融資希望に対して不動産担保融資掛け目6割強で収まるため、不動産担保査定評価金額としては問題ありません。
不動産担保ローン融資審査に必要な書類として確定申告書2期分、各種税金納税証明書、事業計画書等をご用意いただきまして後日、融資金額1000万円、貸出金利8%、返済年数15年、毎月々9万5000円お支払い、返済総額1720万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
新規開業資金融資審査には柔軟で借りやすい担保ローンに関してのまとめです。
・不動産担保ローン利用時には、資金使途や用途に合わせたエビデンスの提出が必須。
・新規事業開業資金は事業計画書の完成度や信憑性で与信判断するため、銀行等の融資審査は通常より厳しい。
・ノンバンクの不動産担保ローンは新規事業開業資金にも柔軟対応で、比較的借りやすい金融商品である。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP