Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

決定版の決め手は目的に合うローン条件

決定版の決め手は目的に合うローン条件

不動産担保ローン利用希望者となる借主の借入金資金使途や目的は法人や個人事業主であれば事業資金やつなぎ資金、運転資金がメインであり、事業者と会社員が担保融資の共通となる資金使途はリフォーム資金や教育ローン、まとめ、他社担保ローンの低金利借り換えが不動産担保ローン業界では人気です。
多くの貸金業者、ローン会社の中で積極的に不動産担保ローン取り扱うのは東京、神奈川、大阪を中心に約30社。ローン会社の融資審査は様々、資金需要者は資金使途に合うローン会社を選び、決定の決め手となるのは希望融資額の実行、担保不動産を売却返済しなくても事業売り上げや収入から完済できる低金利ローン、お申し込みから融資実行までの日数が早いローン会社が借主にとって不動産担保ローンの決定版となります。
決定内容は借入希望者それぞれ、法人や個人事業者が個人向けローン融資案件成約が中心のローン会社を選ぶより、事業者向け担保融資に強いローン会社を選ぶべきであり、会社員であれば個人向け担保ローンを積極的に取り扱っている業者を選ぶ事が借主にとっての決定版となります。
気になる事例VOL・158は京都府京都市東山区にお住まいの田原様、会社員で自宅以外に所有する駐車場を不動産担保にリフォーム資金300万円の融資希望です。
田原様は当初、地元の貸金業者へ融資相談に行きましたが、その貸金業者が扱う不動産担保ローンは事業者専門の商品だったので東京の個人向け担保融資に強いローン会社を選び、不動産担保ローンの利用を決定しました。

不動産担保ローン審査対象物件は土地15坪の更地です。
田原様が駐車場として現在利用中です。
銀行等の抵当権や根抵当権といった担保権設定は特にありません。
不動産担保ローン審査対象物件は京都府京都市東山区金屋町、京阪本線清水五条駅より徒歩で約5分の第1種低層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引坪相場は平均して坪90~100万円前後です。
担保評価としては京都駅や東山区役所に隣接する高級住宅街です。
よって土地坪数15坪、土地坪単価90万円、総額1350万円と不動産担保査定評価しました。
銀行等の担保権設定も無く第1抵当順位での担保融資が可能、300万円の融資実行をしても不動産担保融資掛け目2割強と問題ありません。
田原様は地元のローン会社へ融資相談しましたが、そのローン会社が事業者向け融資に強い業者で、提案された融資条件が1年更新型の短期契約融資条件だったため融資相談を断念します。
長期契約が可能な個人向け担保ローンに強い東京のローン会社に融資相談したところ、居住用以外の駐車場担保のため総量規制対象外の長期契約型、元利均等返済方式の不動産担保ローンが融資実行可能と判断されて、300万円のリフォーム資金融資が稟議可決となりました。
最終的な融資実行諸条件は第1抵当順位からの融資金額300万円、貸出金利5,5%、返済年数10年、毎月々3万2500円お支払い、返済総額391万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
不動産担保ローン決定版の決め手のまとめ
・資金需要者は事業者か会社員かの属性に合うローン会社を選ぶ。
・希望金額の融資実行、完済できる低金利の支払い条件、申し込みから融資実行までのスピードがローン会社決定の3要素。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP