Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

安心できる担保ローンの特徴

安心できる担保ローンの特徴

安心できる不動産担保ローンで担保融資借入を受けたい、安心できるノンバンクやローン会社を選びたい、と考えるのは資金需要者にとっては当然のことです。
事業性融資で将来的に大きな売り上げ見込みがあって短期融資契約を希望する法人や自営業者は例外として、基本的には資金需要者は法人個人を問わず長期返済型融資契約を希望しますし、貸出金利も低金利を望みます。
安心できる不動産担保ローンの特徴とは貸出金利がノンバンクの金利相場より低金利で固定金利型、契約期間も更新契約無しの長期返済契約型ローン、返済途中の中途解約手続きや一括返済も可能、元利金の支払いを延滞なく継続していれば、担保不動産を売却せずに完済できる契約内容等が安心できる不動産担保ローンの特徴として挙げられます。
しかし不動産担保ローン業界には債権者優位の融資契約を条項とする貸金業者も多数存在しています。
支払い延滞時の譲渡担保契約実行を目的として不動産権利証は債務完済まで預かり条件とし、印鑑証明書は3ヶ月毎に提出等の期限の利益に対する強い拘束力、借主が担保不動産の売却返済を希望した場合に借主が売却額や売り出し宅建業者を選ぶ事ができず、債権者主導による売却額での売り出しや債権者の関連宅建業者による専属専任契約を条件とするケースが多く見受けられます。
安心できる不動産担保ローンは担保融資契約前の事前説明から契約内容に変更無く、貸出金利も法定金利内、返済年数も短期更新契約型ではなく長期返済型、中途解約も可能で解約手数料等の融資契約内容が金銭消費貸借契約書にしっかり明記されていますので、融資契約内容を充分に確認して署名捺印をすれば問題ありません。
債務者にとって不利な担保融資契約内容が明記されていれば、遠慮せず営業担当者に質問、相談する事が大事です。何でも相談できる営業担当者がいることも、安心できる不動産担保ローンの特徴のひとつでもあります。
気になる事例VOL・164 は大阪府大阪市鶴見区在住の柴田様。55歳の男性で、大阪市内の総合商社にお勤めのサラリーマンの方です。
各種ローンおまとめ資金、子供の学費資金として15年長期返済型、元利均等返済方式で1000万円の不動産担保融資希望です。

不動産担保ローン審査対象物件は土地30坪、建物木造平屋建てで昭和52年新築です。
柴田様のご実家で、現在は空家状態です。
3年前に柴田様が相続しました。銀行住宅ローンが残ってましたが、お父様の団体信用生命保険で完済されて現在は担保権設定はありません。
不動産担保ローン審査対象物件は大阪府大阪市鶴見区横堤、地下鉄長堀鶴見緑地線横堤駅より徒歩で約5分の第1種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引坪相場は平均して坪60~70万円前後です。
横堤駅近辺は鶴見区役所を中心に、大手スーパーも隣接する利便性の高い地域です。
交通アクセスは大阪や梅田まで30分圏内、大阪市内の通勤圏として便利です。
担保査定としては中級程度の住宅地です。
よって土地坪数30坪、土地坪単価60万円、総額1800万円と不動産担保査定評価しました。
柴田様は1000万円融資希望の不動産担保ローンを東京の担保ローン業者A社に融資依頼します。不動産担保査定や担保融資必要書類の提出も済ませA社の担保融資審査が可決されます。東京のA社事務所まで出向き担保融資契約直前まで至りますが、契約直前に貸出金利の不利な変更を告げられたため、柴田様は担保融資契約自体を断り白紙に戻します。柴田様は担保融資相談程度に留めておいた不動産担保ローン業者B社へ担保融資依頼します。担保融資依頼する際に貸出金利等の融資諸条件が後々になって変更にならないようにお願いします。B社は担保融資審査可決後に担保融資事前説明を経て、担保融資契約当日も契約内容に変更無く、融資金額1000万円、貸出金利6%、返済年数15年、毎月々8万5000円お支払い、返済総額1519万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
安心できる不動産担保ローンの特徴に関してのまとめです。
・安心できる不動産担保ローンとは低金利や長期返済方式、中途解約可能、等々の担保融資諸条件に注目しがちだが、お客様が一番求めている安心ポイントは返済延滞なく支払いさえちゃんと継続していれば、融資金完済に至るといった当たり前のことである。
・不動産担保ローン業界には債務者に対し債権者優位の強い融資契約条項を条件とする業者も存在する。
・安心できる不動産担保ローンは、担保融資契約前の事前説明から契約内容に変更無く、融資諸条件も法定金利内、融資契約内容が金銭消費貸借契約書にしっかり明記されているため、融資契約内容をしっかり確認して署名捺印すれば問題ないし、何でも融資相談できる営業担当者の存在も大事。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP