Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

不動産担保ローンの相談は多種多様

不動産担保ローンの相談は多種多様
ローン会社の取り扱う不動産担保ローンに融資相談する資金需要者の相談内容は多種多様で、不動産担保融資実行までのスピードを相談するお客様、ご家族に内密で不動産担保ローンを融資利用したいとご相談するお客様、貸出金利や返済年数、融資金額といった担保融資諸条件の改善を相談されるお客様等々、様々な融資相談があります。

不動産担保ローンの融資相談の中で比較的多い相談が、ご家族に内密で不動産担保ローンを融資利用したいという相談です。
担保となる不動産が資金需要者のみの単独所有での担保融資利用の場合と、共有で不動産を所有している場合とで注意事項は変わりますが、ご家族に内密で担保融資を受けたいという融資相談は問題無く受けられます。
しかし不動産担保ローンは抵当権や根抵当権といった担保権設定は必要不可欠ですので、内密にしている親族の方が法務局で登記簿謄本等を閲覧してしまうと担保融資を受けていることが分かってしまうというリスクも融資相談時にしっかりと説明します。

何月何日までに必ず不動産担保融資実行を間に合わせてくれという、スピード重視型の担保融資相談も非常に多いです。
資金需要者から厳密な融資希望日の相談があった場合、融資担当者は何故その日までに資金が必要なのか、その日までに担保融資実行が間に合わなかったらどうなるのか、数日間の融資実行日の変更は可能かどうか等、融資相談されたお客様の事情や状況を明確に把握しながら担保融資相談を受けるように心掛けます。

他ノンバンクの担保融資を現在利用中で、現状よりも融資諸条件を好条件に改善したいという不動産担保借り換え融資を相談する資金需要者も多いです。
貸出金利を低金利に借り換えたいと融資相談する資金需要者も多く、緊急資金で借りた10%超えの不動産担保ローンをシングルレートまで金利を引き下げたい、若しくは貸出金利は変わらなくとも返済年数を長期返済に変更して毎月々の返済額を抑えたい等、相談内容は資金需要者の置かれた現状で変わってきます。
貸出金利や返済年数以外にも1~2年毎の更新型ローンを更新無しの元利均等返済方式に変更したいという相談や、事業資金として追加融資を申し込んだら断られたので手元に資金が残る形で不動産担保借り換えローンを融資相談したいというお客様もいらっしゃいます。

ローン会社が取り扱う不動産担保ローンの金融商品は事業運転資金、新規開業資金、生活応援型資金、教育資金等々様々な商品があり、資金需要者一人一人の多種多様な融資相談にも柔軟に対応可能です。
不動産担保ローンに関しての心配事や相談事がありましたら、融資担当者にお気軽にご相談ください。

気になる事例VOL・286 は愛知県清須市在住の横沢様。清須市内で喫茶店を営む個人自営業者の方です。
店内改装資金と運転資金として20年長期返済型、元利均等返済方式で1000万円の不動産担保融資希望です。


不動産担保ローン審査対象物件は土地50坪、建物木造平屋建てで昭和45年新築です。
横沢様がお父様から相続した実家で、現在は横沢様ご家族が居住用不動産として利用中です。
住宅ローンは完済しており、現在は担保権設定はありません。


不動産担保ローン審査対象物件は愛知県清須市清須、JR東海道本線清須駅より徒歩で約15分の第2種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均して坪30~35万円前後です。
清須駅近辺は工業団地で商店やスーパー等は無く、買い物等には不便さを感じるかもしれません。
交通アクセスはJR東海道線、東海交通事業線、名鉄名古屋本線と複数路線が利用可能で利便性は高いです。
担保査定としては普通の住宅地です。
よって土地坪数50坪、土地坪単価30万円、総額1500万円と不動産担保評価査定しました。
担保不動産に担保権設定も無く、第1抵当順位から1000万円の不動産担保ローンを融資実行しても不動産担保融資掛け目7割弱と融資上限金額以内で問題ありません。


清須市内で喫茶店を営む横沢様は店舗改装リフォーム資金と事業運転資金捻出のためメインバンクへ不動産担保融資相談しますが、直近2年の確定申告の内容が悪く融資審査が否決されます。困った横沢様はローン会社A社へ不動産担保ローン相談します。簡易的な机上融資審査の結果、1000万円の不動産担保ローン融資に問題は無さそうと回答を得たため、横沢様は正式に担保融資申し込みします。不動産現地調査、必要書類の提出、事業計画書の作成、社内融資稟議開始、社内融資稟議可決、横沢様へ担保融資条件を説明し融資条件を了承、金銭消費貸借契約書締結を経て後日、融資金額1000万円、貸出金利6%、返済年数20年、毎月々7万2000円お支払い、返済総額1720万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
不動産担保ローンの相談は多種多様に関してのまとめです。

・不動産担保ローンに融資相談する資金需要者の相談内容は多種多様で、担保融資実行までのスピードを相談するお客様、家族に内密で不動産担保ローンを融資利用したいと相談するお客様、貸出金利や返済年数といった融資諸条件の改善を相談するお客様等々、様々な融資相談がある。
・家族に内密で担保ローン利用したいという融資相談だが、不動産担保ローンは担保権設定は必要不可欠なので、内密にしている親族が登記簿謄本等を閲覧すると担保融資を受けていることが分かってしまうというリスクも融資相談時にしっかりと説明する。
・不動産担保ローンの金融商品は事業運転資金、新規開業資金、生活応援型資金、教育資金等々あり、資金需要者一人一人の多種多様な融資相談にも柔軟に対応可能なので担保ローンに関して心配事や相談事があれば、融資担当者に気軽に相談することが大事。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP