Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

店舗兼用住宅担保査定の複雑性

店舗兼用住宅担保査定の複雑性

店舗兼用住宅担保査定の複雑性一戸建て住宅の一部を店舗や事務所として使用する店舗兼用住宅があります。別途店舗、事務所を賃貸せずに営業できるため需要はありますが、不動産担保ローンの物件評価金額を算出する際には評価金額減計算の対象物件になります。大型機械等で機械油を使用して…

詳しくはこちら
親族間売買に担保ローンを活用

親族間売買に担保ローンを活用

親族間売買に担保ローンを活用不動産担保ローンで返済延滞が続くと債務一括弁済を請求され、差し押さえや競売開始決定の判決が下されます。債務完済のために不動産を任意で売却する不動産売却返済が一般的ですが、自宅不動産の第3者への売却回避の手段として親族間、親子間売買を選択する…

詳しくはこちら
リファイナンスで転売期間延長

リファイナンスで転売期間延長

リファイナンスで転売期間延長不動産市況が活況になり、資金需要者のお問い合わせやご相談も収益物件の購入資金やセカンドハウス購入希望資金の融資案件が増えてます。不動産業者からの短期転売資金の融資相談も多いですが、不動産短期転売活動が不調で、売却できないまま資金調達先金融機…

詳しくはこちら
空き家担保は通常掛け率より有利

空き家担保は通常掛け率より有利

空き家担保は通常掛け率より有利不動産売却までのつなぎ資金としてノンバンクの不動産担保ローンを利用した資金需要者の融資事例です。。不動産売却に至る経緯のほとんどが銀行住宅ローンの返済延滞が原因で、不動産売却により債務を完済して金銭支出を抑えるためです。不動産物件所有者が居…

詳しくはこちら
保証人となる役員の担保提供による法人借り入れ

保証人となる役員の担保提供による法人借り入れ

保証人となる役員の担保提供による法人借り入れ3月は事業年度末で法人決算期という事業者も多く、法人決算期に資金需要を希望される事業者の融資相談が増える時期でもあります。資金需要者が担保不動産を所有せず、親族等から不動産担保提供の承諾を得られない場合は、ビジネスパートナーである法人役員に…

詳しくはこちら
貸出業者の持ち分融資懸念

貸出業者の持ち分融資懸念

貸出業者の持ち分融資懸念不動産担保ローンの融資商品で、不動産担保持ち分設定融資があります。不動産持ち分設定融資を実行した場合、不動産担保ローン業者は債務者の債務状況や納税状況は把握できますが、債務者に該当しない不動産持ち分共有者の債務状況や納税状況の把握ができませ…

詳しくはこちら
評価額の異なる不動産担保計算方法

評価額の異なる不動産担保計算方法

評価額の異なる不動産担保計算方法不動産担保ローン業者が資金需要者から不動産担保融資相談を受け融資審査に着手しますが、不動産担保ローンという性質上ご融資まで至らなかった事例もございます。資金需要者の信用与信情報で融資審査を否決されるケースや、不動産担保ローン審査対象物件の瑕…

詳しくはこちら
不動産担保ローンにも適用のサラリーマンの借り入れ

不動産担保ローンにも適用のサラリーマンの借り入れ

不動産担保ローンにも適用のサラリーマンの借り入れサラリーマンの居住用住宅に対して個人向け不動産担保ローンを融資実行する際には、総量規制の対象融資案件となります。総量規制とはサラリーマンの年収総額の3分の1を融資上限と定めた法律で、年収総額800万円のサラリーマンであれば、不動産担保ローン…

詳しくはこちら
収益物件の担保融資は賃料利回りがポイント

収益物件の担保融資は賃料利回りがポイント

収益物件の担保融資は賃料利回りがポイント自己所有する不動産で、現在賃貸中の収益物件を不動産担保で融資は可能かという資金需要者からのご相談を受けますが、賃貸中の不動産でも問題なく不動産担保ローンをご利用いただけます。不動産担保ローン業者が現在賃貸中の収益物件を不動産担保評価査定する…

詳しくはこちら
中小デベロッパーに人気の不動産担保ローン

中小デベロッパーに人気の不動産担保ローン

中小デベロッパーに人気の不動産担保ローンアベノミクスの効果でしょうか、都心の不動産売買が上昇傾向です。本日は不動産業者の物件買い取り資金調達の事例を紹介します。気になる事例VOL・14 は東京都品川区の不動産業A社、大田区の更地を買い取り、アパート用地として中堅デベロッパーへ転売…

詳しくはこちら

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP