Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、貸金業法第24条の40の規定に基づく講習の
過程を修了したABCサニーの貸金業務取扱主任者スタッフがより一層のお役に立つ情報を配信中!
弊社WEBサイト内の借り換え表記は金融機関からの住宅ローン、不動産担保ローンの借り換えを表すものです。

担保不動産が公図と異なる場合の審査対処方法

担保不動産が公図と異なる場合の審査対処方法

担保不動産が公図と異なる場合の審査対処方法担保不動産をローン会社が融資審査する際に、担保不動産が管轄の法務局で取得できる土地と建物の登記簿謄本と公図を机上融資審査の参考資料としますが、資金需要者が認識している土地の坪数と法務局で取得した登記簿謄本に記載された土地㎡数が異なっていたり…

詳しくはこちら
リバースモーゲージを事業者向け不動産担保ローンで借り換え

リバースモーゲージを事業者向け不動産担保ローンで借り換え

リバースモーゲージを事業者向け不動産担保ローンで借り換えリバースモーゲージローンを親族が借りている、若しくは生前に親が融資利用していた場合で、リバースモーゲージローンを通常の長期返済型不動産担保ローンで借り換えしたいという融資相談を受けますが、資金需要者が法人経営者や個人自営業者、新規事業開業予…

詳しくはこちら
法人経営者が新規事業立ち上げの個人開業融資利用

法人経営者が新規事業立ち上げの個人開業融資利用

法人経営者が新規事業立ち上げの個人開業融資利用法人経営者が新規事業を立ち上げるため新規事業の開業費用を資金調達する際、自社で経営する法人名義で事業融資、事業ローンを受けたくない場合は、新たな法人を新設するか、個人事業を開業して個人事業の開業資金としてローン会社の不動案担保ローンを融資利…

詳しくはこちら
2番抵当でノンバンクの後順位から融資可能な条件

2番抵当でノンバンクの後順位から融資可能な条件

2番抵当でノンバンクの後順位から融資可能な条件ローン会社が不動産担保ローン融資を取り扱える条件は担保権の抵当順位が1番順位、第1抵当権設定が可能なこと、若しくは都市銀行や地方銀行、その他金融機関の銀行系ローンの後順位から担保権設定する2番抵当、3番抵当ローン等に限られますが、担保不動産…

詳しくはこちら
持ち分融資での共有持分割合の重要性

持ち分融資での共有持分割合の重要性

持ち分融資での共有持分割合の重要性不動産担保ローンを資金需要者ご自身が所有する持ち分のみで担保融資を進める場合、所有権での不動産担保ローン利用よりも持ち分融資を取り扱うローン会社が少なく、持ち分ローンを取り扱うローン会社自体の融資審査ハードルが融資条件面を含めて高いですが、…

詳しくはこちら
賃貸借契約書の提出が難しい収益物件への融資対応

賃貸借契約書の提出が難しい収益物件への融資対応

賃貸借契約書の提出が難しい収益物件への融資対応ローン会社の不動産担保ローン利用でサラリーマンであっても収益不動産や賃貸用アパート、賃貸用ワンルームマンション、賃貸用マンションを所有していて、会社員としての給料以外に賃料収入があれば総量規制対象外で不動産担保ローン融資利用は可能ですが、収…

詳しくはこちら
コロナ禍で新規事業が頓挫した事業者への担保融資

コロナ禍で新規事業が頓挫した事業者への担保融資

コロナ禍で新規事業が頓挫した事業者への担保融資コロナ禍で事業が立ち行かなくなり廃業する自営業者や倒産する法人経営者が多い中、コロナ禍でも新規事業を立ち上げて商売を始める新規事業者もいらっしゃいますが、新規事業資金をローン会社の不動産担保ローンで資金調達した後に事業実績も無い状態で追加融…

詳しくはこちら
個人の借主に紐付いた法人未納税金の支払い義務

個人の借主に紐付いた法人未納税金の支払い義務

個人の借主に紐付いた法人未納税金の支払い義務法人経営者が不動産担保ローンを融資利用する際に、担保不動産の所有名義が個人名義の場合は要審査となりますが、借主を法人にするか個人にするか選択することが可能ですが、個人の借主に紐付いた社会保険料等の法人が支払うべき税金に未納や滞納が発覚した場…

詳しくはこちら
借り入れの可能額は不動産評価や属性で変化

借り入れの可能額は不動産評価や属性で変化

借り入れの可能額は不動産評価や属性で変化不動産担保ローンを融資利用するお客様でご自身の借り入れの可能額、限度額を質問される方がいらっしゃいますが、借り入れの可能額は担保となる不動産の不動産評価査定価格、担保不動産が自宅か収益不動産かという種類の違い、資金需要者が会社員か自営業者か…

詳しくはこちら
リースバック物件を低金利で買い戻し

リースバック物件を低金利で買い戻し

リースバック物件を低金利で買い戻し資金需要者が所有する一戸建て住宅や分譲マンションを不動産売却して、売却した不動産業者と賃貸借契約を結び引っ越しすることなく売却不動産に住み続けることが出来て、前所有者が希望すれば不動産を買い戻すことが出来るリースバックという金融商品がありま…

詳しくはこちら

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP