Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

複数のローン会社から担保融資利用する方法

複数のローン会社から担保融資利用する方法
ローン会社の不動産担保ローンを融資利用すると抵当権や根抵当権といった担保権設定をして債権保全を図りますが、基本的にローン会社は同一規模レベルの貸金業者の後順位設定から不動産担保融資は実行しませんし、稀に第2抵当順位から不動産担保ローンを融資実行してもローン会社の担保権設定が並んだ後の第3抵当順位からの担保融資実行は行わないのが一般的です。

資金需要者がローン会社から不動産担保ローンを融資利用していて新たな資金需要が生まれれば第1抵当権者であるローン会社へ追加融資を申し込みますが、担保不動産の担保余力不足や返済延滞履歴等、担保融資審査時のマイナス要因から追加融資を断られることもあります。
ローン会社は同一規模レベルの貸金業者、例えば銀行系ノンバンクが第1抵当権設定している場合は他の銀行系ローン会社が第2抵当順位で担保融資実行は行いませんし、独立系ノンバンクに関しても融資スタンスは変わりません。
しかし同一規模レベルではない貸金業者、例えば銀行系ローン会社が第1抵当権者で担保不動産に充分な担保余力が残っている場合は独立系ノンバンクの一部業者は第2抵当順位からでも不動産担保ローンを融資実行するケースもあります。
しかし、いくら担保不動産に充分な担保余力が残っていてもローン会社の担保権設定が連なった第3抵当順位からの不動産担保融資実行にはどんな規模の貸金業者でも消極的となります。

担保不動産に複数ローン会社の担保権が設定されていて追加融資が難しい場合でも他に所有する不動産があれば、その不動産を担保にして新たなローン会社から担保融資利用することが可能です。
既に複数のローン会社から不動産担保ローンを融資利用しているため、個人の信用与信を理由に担保融資審査が通らないのではないかと懸念されるお客様もいらっしゃいますが、長期に返済延滞している場合を除き、複数のローン会社から融資利用している事を理由に担保融資審査が否決されることはありません。

別に所有する不動産を担保にする場合はその不動産単独の担保余力に応じて担保融資審査しますので、既に他のノンバンクへ担保として提供している不動産は共同担保にする必要は無く、複数のローン会社との担保融資取引も担保融資審査に大きく影響されません。
しかし複数のローン会社と取引するということは毎月の返済口数も増えて返済総額も高額となるリスクも生じますので、所有不動産を合算した担保余力を利用して債権債務を一本化する事が可能であれば不動産担保ローンのおまとめ融資をお勧めします。
返済口数が一本化されれば毎月の返済額も減額されて資金需要者のメリットにも繋がりますので、複数の不動産を所有しているお客様は総合的な不動産担保ローンの見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

気になる事例VOL・:239 は大阪府池田市在住の武田様。52歳の男性で、池田市内で運送業を営む法人経営者の方です。
事業運転資金として10年長期返済型、元利均等返済方式で500万円の不動産担保融資希望です。


不動産担保ローン審査対象物件は土地15坪の更地です。
自宅不動産の隣地で武田様が駐車場として現在利用中です。
銀行借り入れやローン会社の担保権設定はありません。


不動産担保ローン審査対象物件は大阪府池田市石橋、阪急宝塚線石橋駅より徒歩で約10分の第1種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均して坪60~70万円前後です。
石橋駅近辺は中堅スーパーや大小商店が軒を連ねる活気ある住宅街です。
交通アクセスも阪急宝塚線、阪急箕面線と複数路線が利用可能で利便性は高いです。
担保査定としては中級程度の住宅地です。
よって土地坪数15坪、土地坪単価60万円、総額900万円と不動産担保査定評価しました。
ローン会社等の担保権設定も無く、第1抵当順位から500万円の不動産担保ローンを融資実行しても不動産担保融資掛け目5割強と融資上限金額以内で問題ありません。


池田市内で運送業を営む武田様は数年前から自宅を担保に銀行系ノンバンクA社と独立系ローン会社B社から不動産担保融資を利用していますが、再度の資金需要があったためそれぞれのローン会社に追加融資を打診しますが断られます。困った武田様は自宅隣地の駐車場利用している更地を担保に、ローン会社C社へ新規の不動産担保ローン融資相談します。担保融資相談の際に自宅を他のローン会社利用で担保ローン利用していることを報告します。融資担当者から自宅と更地部分はそれぞれ独立しており、担保融資審査にも影響がない事を告げられたため正式に不動産担保融資申し込みします。不動産現地調査や必要書類の提出、社内融資稟議可決、金銭消費貸借契約書の締結を経て後日、融資金額500万円、貸出金利7%、返済年数10年、毎月々5万8000円お支払い、返済総額697万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
複数のローン会社から担保融資利用する方法に関してのまとめです。

・不動産担保ローン融資利用すると担保権設定して債権保全を図るが、基本的にローン会社は同一規模レベルの貸金業者の後順位設定から担保融資は実行しないし、稀に第2抵当順位から担保ローンを融資実行してもローン会社の担保権設定が並んだ後の第3抵当順位からの担保融資実行は行わないのが一般的。
・担保不動産に複数ローン会社の担保権が設定されていて追加融資が難しい場合でも他に所有する不動産があれば、その不動産を担保にして新たなローン会社から担保融資利用することが可能。
・別に所有する不動産を担保にする場合はその不動産単独の担保余力に応じて担保融資審査するので、既に他のノンバンクへ担保として提供している不動産は共同担保にする必要は無く、複数のローン会社との担保融資取引も担保融資審査に大きく影響されない。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP