Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

相談から融資までの流れと審査時間

相談から融資までの流れと審査時間

不動産担保ローンを初めて利用する新規のお客様は、様々な不安を抱えて融資相談をされます。
実際に融資は受けられるのか、融資を断られるのではないか、融資審査の基準や審査時間、どういった書類が必要なのか、どういった流れで質問されるのか等々。そういった不安や心配を払拭するために本日は、不動産担保ローンの融資相談から融資までの流れをご説明します。
不動産担保ローン業者がお客様にお伺いしたい一番の質問事項は担保となる不動産の内容です。
土地坪数や建物築年数等々、不動産に関する質問が主になりますので、不動産の内容が分かる不動産権利証や登記簿謄本を予め用意しておくとスムーズに回答できるでしょう。
不動産内容のほかにお客様の個人情報やご家族構成、カードローン等の借金や税金未納の有無等も質問されます。不動産担保ローン業者の質問にはそれぞれ明確な意図があります。無意味に個人情報を取得している訳ではありませんので、稀に不快感を示すお客様もいらっしゃいますが融資審査の必要事項とご理解ください。
お客様へのヒアリング後に問題が無ければ、主に不動産関係の資料請求となります。法務局発行の登記簿謄本や公図等を提出してもらい、社内稟議で可決されれば正式な融資申し込みとなります。ご来店若しくは訪問にて融資申し込み完了後、不動産現地調査を経て不動産鑑定評価の算出、諸々の融資審査項目がクリアできれば最終融資審査に必要な官公庁書類(各種納税証明書や印鑑証明書等)を取得、提出いただいて融資審査の可否を判断します。
不動産担保融資お電話相談から融資実行までの審査時間はおおよそ最短3日~最長2週間となります。あくまでほんの一例です。イレギュラー含めて柔軟対応しますので、まずはお気軽にお電話いただけたらと思います。
気になる事例VOL・123 は埼玉県越谷市在住の遠藤様。ご自宅で理髪店を営む54歳の女性の方です。
事業運転資金として、変動金利型長期返済プランで400万円の不動産担保融資希望です。

不動産担保ローン審査対象物件は土地35坪、建物鉄筋コンクリート造3階建てで平成3年新築です。
1階部分を店舗として利用、2~3階部分を居住用として利用中です。
政策金融公庫の抵当権が500万円設定されていて、残債務は300万円あります。第2抵当順位での不動産担保ローンを希望しています。
不動産担保ローン審査対象物件は埼玉県越谷市、東武スカイツリーライン北越谷駅より徒歩で約15分の第1種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引坪相場は平均で坪40~45万円です。北越谷駅は急行電車は止まらない駅ですが、越谷駅から1駅で越谷市役所も近く不便さは感じません。通常不動産売買取引が可能と判断しました。よって土地坪数35坪×坪単価40万円=総額1400万円と不動産担保査定評価しました。政策金融公庫の残債務300万円と想定遅延損害金(14%×2年分)を差し引き、第2抵当順位で400万円の融資を実行しても不動産担保融資掛け目56%と融資上限額以内で問題ありません。遠藤様には希望通り第2抵当順位での融資金額400万円、貸出金利9%、返済年数10年、毎月々5万700円、返済総額608万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
相談から融資までの流れと審査時間に関してのまとめです。
・不動産担保ローンの電話相談時には、不動産の内容等が分かる不動産権利証や登記簿謄本を用意しておくと業者質問にスムーズ対応できる。
・不動産担保ローン業者の質問にはそれぞれ明確な意図があるので、協力姿勢で挑むことが大事。
・各種書類等の用意が困難な場合でも柔軟対応できるので、まずは気軽に電話相談してみましょう。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP