Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

即日融資、最短融資の条件と流れ

即日融資、最短融資の条件と流れ

不動産担保ローンの資金需要者の中には担保融資申し込みした当日に融資実行を希望する、いわゆる即日融資を望むお客様がいらっしゃいますが、電話やインターネット、店頭窓口で融資申し込みを受け付ける消費者金融等のローンキャッシングとは違い、不動産担保ローンの融資審査は不動産現地調査や提出する必要書類の多さ等、融資審査項目が多様なので最短融資でも3営業日を要します。

不動産担保ローンの即日融資は非常にハードルが高いですが、最短融資で3日の時間的余裕が資金需要者にあればローン会社は前向きに不動産担保ローンの融資相談に応じてくれます。
ただし担保不動産にノンバンク等の担保権が設定されていて担保肩代わりの必要性が生じる場合は、融資解約手続きや担保権抹消書類の手配等がありますので、3営業日での最短融資には応じられない可能性もあります。

最短融資の流れを説明しますと、資金需要者から不動産担保ローンの電話融資相談を受けたローン会社は、電話ヒアリング時に担保不動産の土地坪数や建物の築年数、住宅ローン残債務の有無、所有者や担保提供者の協力体制、登記簿謄本や公図、マンション間取り図といった不動産資料のFAX依頼等、最低限の担保不動産の内容を把握して、不動産机上査定で問題無ければ当日中に来店、訪問にて不動産担保ローン融資申し込みを受け付けます。
最短融資を希望する場合は担保不動産近辺での訪問お申込みがお勧めで、担保融資申し込み後にローン会社の融資担当者がその足で不動産現地調査を行い、役所での調査や不動産業者への聞き込み調査等を完了させます。
担保融資申し込み時に資金需要者から予め融資審査必要書類の代理取得のための委任状を頂ければ、役所調査時に住民票や固定資産評価証明書、市県民税や固定資産税の納税証明書が取得できるので、よりスピーディーな最短融資が可能となります。
1日目で担保融資申し込みから不動産現地調査まで完了できれば、2日目でローン会社の社内融資稟議を可決させて資金需要者に融資可能金額や貸出金利、返済年数等の融資諸条件をお伝えし、資金需要者が納得すれば事前説明書を作成して改めて融資条件を説明し、3日目に担保融資実行という流れになります。

主債務者の他に連帯保証人がいる場合は、主債務者と連帯保証人が同じタイミングで協力して動いてもらうことが大事です。
主債務者が積極的に最短融資を目標として動いても、連帯保証人が協力的でないと最短融資実行の可能性が少なくなりますので、主債務者と連帯保証人の協力体制をしっかり整えて不動産担保ローンの最短融資を目指しましょう。
スムーズな最短融資を希望するのであれば、担保融資申し込み時に貸出金利やその他の融資諸条件の説明に納得して融資審査を進めることが大事です。
担保融資審査可決後に貸出金利の金利引き下げや融資金額の増額等を要求すると、社内融資稟議のやり直しとなって最短融資にも影響が出ますので、融資審査可決後に異論や要求が出ないように担保融資申し込み時に融資諸条件をしっかりと把握、納得して最短融資のお願いをしましょう。

気になる事例VOL・211 は東京都板橋区在住の須永様。49歳の男性で、東京都内で内装業を経営する法人経営者の方です。
下請け業者への支払い費用と事業運転資金の融資希望ですが、支払い期日が3日後に迫っているため最短融資で10年長期返済型、元利均等返済方式で500万円の不動産担保融資希望です。

即日融資は担保物件での面談が有利


不動産担保ローン審査対象物件は土地20坪、建物木造2階建てで昭和63年新築です。
須永様ご家族が居住用不動産として現在利用中です。
5年前に須永様が父親から相続した不動産で、銀行住宅ローンやノンバンクの借入等はありません。税金未納もありません。

不動産担保ローン審査対象物件は東京都板橋区常盤台、東武東上線ときわ台駅より徒歩で約10分の第1種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均して坪150~160万円前後です。
ときわ台駅近辺は大手スーパーやチェーン店舗の飲食店が隣接する、買い物等に不便の無い平均的な住宅街です。
交通アクセスも東武東上線、都営三田線と複数路線が利用可能で、池袋駅へも大手町駅へも乗り換え無しでアクセス可能な利便性の高い地域です。
担保査定としては中級程度の住宅地です。
よって土地坪数20坪、土地坪単価150万円、総額3000万円と不動産担保査定評価しました。
銀行住宅ローンやその他借り入れも無く、第1抵当順位から500万円の不動産担保ローンを融資実行しても不動産担保融資掛け目2割弱と融資上限金額以内で問題ありません。

東京都内で内装業を経営する須永様は3日後に迫った下請け業者への支払い資金捻出のためノンバンクA社へ担保融資相談しますが、最短融資でも申込から融資実行まで1週間掛かると告げられます。困った須永様はローン会社B社へ最短融資で3日後に担保融資が可能か電話融資相談します。ローン会社B社の融資担当者から、本日中に担保不動産近辺で融資申し込みを頂けるなら3日後の最短融資も可能性があると言われたので自宅不動産での融資申し込みに応じます。現地訪問での担保融資申し込みを受けたローン会社B社の融資担当者は不動産現地調査、役所での調査、不動産業者への聞き込み調査等を完了させ社内融資稟議に掛けます。融資必要書類も代理取得していたため、翌日には社内融資稟議が可決され、貸出金利等の融資諸条件を須永様に提案、須永様は承諾して融資事前説明を受けます。その翌日には金銭消費貸借契約書に署名捺印して、最短融資の3営業日で融資金額500万円、貸出金利7%、返済年数10年、毎月々5万8000円お支払い、返済総額697万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
即日融資、最短融資の条件と流れに関してのまとめです。

・不動産担保ローンの資金需要者の中には担保融資申し込みした当日に融資実行を希望する、いわゆる即日融資を望む方もいるが、電話やネット等で融資申し込みを受けるキャッシングとは違い、不動産担保ローンの融資審査は審査項目が多様なので最短融資でも3営業日を要する。
・不動産担保ローンの即日融資はハードルが高いが、最短融資で3日の時間的余裕があればローン会社は前向きに融資相談に応じるが、担保不動産にノンバンク等の担保権が設定されていて担保肩代わりの必要性が生じる場合は融資解約手続き等の手配があるので、3営業日での最短融資に応じられないケースもある。
・主債務者のほかに連帯保証人がいる場合は主催武者と連帯保証人が同じタイミングで協力して動くことが大事だし、スムーズな最短融資を希望するのであれば担保融資申し込み時に受けた貸出金利や融資諸条件の説明に納得して融資審査を進めることが大事。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP