Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

親族からの贈与ではなく担保提供で資金調達

親族からの贈与ではなく担保提供で資金調達

不動産担保ローン利用を検討している方の中には、主債務者本人が不動産を所有していないと担保融資利用が出来ないと誤解している資金需要者もいます。
不動産担保ローンを融資利用するために親族の所有する不動産を資金需要者に生前贈与し、所有権移転登記を完了させて融資利用しようと考えるお客様もおりますが、ローン会社の担保融資を利用するためだけに生前贈与する必要はありません。

不動産担保ローンを融資利用することが目的の贈与登記による直近の不動産取得は、ローン会社の融資審査時に前所有者の贈与に関する意思確認はもちろん、法定相続人に贈与があった事の事実確認や承諾書の署名捺印を融資条件にするローン会社もあります。
贈与を受けた翌年には税率の高い贈与税も課税されますので、不動産担保ローンを融資利用することだけが目的の生前贈与は資金需要者にとって得策ではありません。

不動産を所有する親族が担保提供者として資金需要者に保証すれば、担保提供者と主債務者の保証契約のみでローン会社の不動産担保ローンを融資利用することが可能です。
ローン会社の融資審査基準にもよりますが、担保提供者の保証範囲を連帯保証契約ではなく物上保証契約のみに制限して担保提供者の保証負担を軽減することも出来ます。
親族以外でも法人経営者が法人役員の不動産を担保提供で融資利用することも可能ですし、ノンバンクによっては第三者の担保提供による融資が可能な会社もありますので、審査に柔軟対応なローン会社の不動産担保ローンを事業資金や運転資金に活用ください。

気になる事例VOL・219 は東京都豊島区在住の清水様。57歳の男性で、東京都内で運送業を営む個人自営業者の方です。
事業資金、車両購入資金として10年長期返済型、元利均等返済方式、父親の所有する実家不動産の担保提供で500万円の不動産担保融資希望です。

贈与より担保提供

不動産担保ローン審査対象物件は土地30坪、建物木造平屋建てで昭和48年新築です。
清水様の実家で、現在は両親が居住用不動産として利用中です。
銀行住宅ローンも数年前に完済して、現在は担保権の設定はありません。税金の未納もありません。


不動産担保ローン審査対象物件は千葉県市川市平田、JR総武線本八幡駅より徒歩で約10分の第1種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均して坪80~90万円前後です。
本八幡駅近辺には中小スーパーや個人商店が軒を連ねる活気ある商店街があり、市川市役所も隣接していて住環境は便利です。
交通アクセスもJR総武線、都営新宿線、京成本線と複数路線が利用可能で利便性は高いです。
担保査定としては中級程度の住宅地です。
よって土地坪数30坪、土地坪単価80万円、総額2400万円と不動産担保査定評価しました。
銀行やノンバンクの担保権設定も無く、第1抵当順位から500万円の不動産担保ローンを融資実行しても不動産担保融資掛け目2割強と融資上限金額以内で問題ありません。


東京都内で運送業を営む清水様は車両故障による新たな車両購入を余儀なくされたためメインバンクへ融資相談しますが、創業1年目で確定申告も終えてない状況では融資は不可能と告げられます。困った清水様は父親に実家不動産を生前贈与してもらい贈与取得した不動産を担保にローン会社の担保融資を利用しようと検討します。ローン会社A社に予め贈与取得の旨を伝えて担保ローン相談すると、融資担当者から生前贈与による不動産取得はデメリットもあり、融資審査ハードルも上がるので父親からの担保提供で融資審査することをアドバイスされます。父親に担保提供の協力をお願いすると父親は担保提供を快諾します。父親からの担保提供、清水様が主債務者というスキームで不動産担保ローン申し込みをして不動産現地調査、父親からの担保提供意思確認、担保ローン必要書類の提出、社内融資稟議、融資審査可決、金銭消費貸借契約を経て、融資金額500万円、貸出金利6%、返済年数10年、毎月々5万6000円お支払い、返済総額667万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。

親族の担保提供で事業資金調達に関してのまとめです。

・借主が不動産を所有していなくても、親族が不動産を所有していて連帯保証人や物上保証人として担保提供を承諾してくれれば、不動産担保ローン融資利用は可能。

・主債務者本人が不動産を所有していないと担保融資利用が不可能と誤解している資金需要者もいて、担保ローン利用するために親族の所有する不動産を生前贈与し、所有権移転して融資利用を考えるお客様もいるが、担保融資を利用するためだけに生前贈与する必要は無く、親族の担保提供で融資利用出来る。

・親族以外でも法人経営者が法人役員の不動産を担保提供で融資利用することも可能だし、ノンバンクによっては第三者の担保提供による融資が可能なローン会社もある。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP