Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、貸金業法第24条の40の規定に基づく講習の
過程を修了したABCサニーの貸金業務取扱主任者スタッフがより一層のお役に立つ情報を配信中!

住宅購入を不動産担保ローンで比較検討

住宅購入を不動産担保ローンで比較検討
住宅購入を検討されるお客様は新築一戸建て住宅購入、中古戸建住宅購入、建築条件付き土地購入、新築分譲マンション購入、中古マンション購入、マンション一棟や区分所有マンション、店舗併用住宅といった収益物件住宅購入等々、様々な住宅購入の選択肢がありますが、お住まいを住宅購入するための方法も年利1%台の低金利な銀行住宅ローン、35年間という長期ローンの返済金利が低金利に固定されたフラット35、柔軟融資対応で迅速、スピーディーなローン会社の不動産担保ローン融資利用と住宅購入を検討、お考え中のお客様の属性や収入、個人信用情報上における金融事故の有無等、各々の資金需要者の資金ニーズに合わせて家を買うための住宅購入ローンの融資申し込みをすることが可能です。

銀行のマイホーム購入のための住宅ローンや、家を買うためのフラット35を融資利用して住宅購入する場合は、住宅購入するお客様やその家族が住むための居住用不動産として、第三者に賃貸することなく居住するためだけに住宅購入ローンを融資利用することが出来ます。
銀行やフラット35の住宅ローンを融資利用して住まいである家を住宅購入後、主債務者がマイホームである居住用物件を第三者に賃貸して購入物件を収益不動産とすることは固く禁じられており、自宅を収益化したことが債権者である銀行に発覚されると住宅ローンの一括返済を迫られますのでご注意ください。
銀行の住宅購入ローンはお客様ご自身のマイホームを購入するためのみ、若しくは持ち家の増築や改築、リフォーム工事やフルリノベーション工事をするためのみに融資利用することが可能な金融商品なのです。

銀行の住宅ローンを利用して住宅購入しようと融資審査に掛けたが、年収の低さや勤続年数の短さ、過去の金融事故の履歴等で銀行融資審査が否決された会社員の方や、過去3年分の確定申告書や決算書の内容が悪かったり赤字決算続きでフラット35のローン審査に落ちた自営業者の方は、ローン会社の使い道、資金使途自由な不動産担保住宅購入ローンがおすすめです。

ローン会社の住宅購入ローンは銀行の住宅ローンと比較すると、新築一戸建て住宅の土地や建物の物件評価を100%採用することは出来ないので、ある程度の自己資金が必要となる場合がほとんどです。
新築一戸建て住宅が売り出されている販売価格の2割から3割ほどの自己資金が調達できればローン会社の住宅購入ローンの融資審査に通りやすいでしょう。
ローン会社の住宅購入ローンは会社員の年収や勤続年数、自営業者の確定申告書や決算書の内容よりも不動産の評価価値に融資審査の比重を置くので、年収や事業売り上げ、勤続年数や事業年数、過去の金融事故等で住宅購入ローンの融資審査に不安を覚える方はローン会社の不動産担保住宅購入ローンを検討してみてはいかがでしょうか。

ローン会社の住宅購入ローンであれば居住用のための新築一戸建て住宅購入や中古住宅購入の他に、収益化を予定しているワンルームマンション購入にも収益ビル購入にも、収益性のある無しに関わらずローン会社の不動産担保住宅購入ローンを融資利用することが可能です。
家族のお住まいとして、生活する家として、居住用不動産として住宅購入したのに、転勤等の理由で第三者に賃貸したことが銀行に発覚して住宅ローンの一括返済を迫られているお客様も、ローン会社の不動産担保住宅購入借り換えローンを利用して銀行住宅ローン一括返済の原資とすることも出来ますのでお気軽に融資相談ください。

気になる事例VOL・315 は神奈川県相模原市在住の久保田様。45歳の男性で、相模原市内で飲食店を営む個人自営業者の方です。
居住用の中古一戸建て住宅購入資金として25年長期返済型、元利均等返済方式で1000万円の不動産担保融資希望です。

不動産担保ローン審査対象物件は土地40坪、建物木造3階建てで平成10年新築です。
中古一戸建て住宅として1600万円で売り出し中です。
久保田様は自己資金が800万円あるので、不足分と各種諸費用分として1000万円を不動産担保融資希望です。


不動産担保ローン審査対象物件は神奈川県相模原市青葉、JR横浜線淵野辺駅より徒歩で約15分の第1種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均して坪40~50万円前後です。
淵野辺駅近辺はチェーン店系の飲食店や大小商店が軒を連ね、街道沿いには大手スーパーもあり買い物等には不便の無い住宅地です。
交通アクセスもJR横浜線、相模線と複数路線が利用可能で便利です。
担保査定としては普通の住宅地です。
よって土地坪数40坪、土地坪単価40万円、総額1600万円と不動産担保査定評価しました。
第1抵当順位から1000万円の不動産担保ローンを融資実行しても不動産担保融資掛け目6割強と融資上限金額以内で問題ありません。


相模原市内で飲食店を営む久保田様は居住用の中古一戸建て住宅を購入しようとメインバンクへ銀行住宅ローンを申し込みますが、直近3年分の確定申告書の内容が悪いのを理由に融資審査が否決されます。困った久保田様はローン会社の不動産担保住宅購入ローンの融資相談をします。融資担当者から販売価格の100%融資は難しいが、販売価格の7割弱である1000万円の担保融資であれば融資可能と告げられます。販売価格の残金と各種諸費用をご自身の預貯金と親族からの援助で工面できる準備が整ったため、正式にローン会社へ担保融資申し込みします。不動産現地調査、必要書類の提出、自己資金残高の確認、社内融資稟議可決、融資事前説明、金銭消費貸借契約書の締結を経て後日、融資金額1000万円、貸出金利3,8%、返済年数25年、毎月々5万2000円お支払い、返済総額1550万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
住宅購入を不動産担保ローンで比較検討に関してのまとめです。

・住宅購入を検討する方は新築一戸建て住宅購入、中古戸建住宅購入、新築分譲マンション購入、中古マンション購入、収益物件住宅購入等、住宅購入の選択肢は様々だが、住宅購入するための方法も銀行住宅ローン、フラット35、ローン会社の不動産担保ローン融資利用と住宅購入を検討するお客様の属性や収入、金融事故の有無等、各々の資金ニーズに合わせて住宅購入ローンの融資申し込みが可能。
・銀行やフラット35の住宅ローンを融資利用して住宅購入後、主債務者が居住用物件を第三者に賃貸して購入物件を収益不動産とすることは固く禁じられており、自宅を収益化したことが銀行に発覚すると住宅ローンの一括返済を迫られるので注意。
・ローン会社の住宅購入ローンは会社員の年収や勤続年数、自営業者の確定申告書や決算書の内容より不動産の評価価値に審査の比重を置くので、年収や売り上げ、勤続年数や事業年数、過去の金融事故等で住宅購入ローンの融資審査に不安を覚える方はローン会社の住宅購入ローンがおすすめ。


監修
株式会社ABCサニー代表取締役
貸金業務取扱主任者
秋山容吉

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP