Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

法人主債務債権の返済交渉を親族が行うケース

法人主債務債権の返済交渉を親族が行うケース
法人が主債務者となって銀行やローン会社から不動産担保ローンを融資利用している場合は、債務の返済状況や延滞状況、一括返済の手続きや返済リスケジュールの交渉等、現在利用している不動産担保ローンに関しての全ての交渉は法人の代表取締役社長や会社役員しか行うことが出来ませんので、例えば代表者が一身上の都合により債権者との返済交渉等が不可能な場合は、ご子息や親戚といった親族に代表者を変更、もしくは会社役員となれば債権者と直接交渉する事が可能となります。

法人経営者が一身上の都合で会社経営を運営することに支障が出た場合は、他の取締役や会社役員が代表権を継承して引き続き会社運営していけば特に問題ありませんが、他の取締役や役員を置かず単独で会社経営している場合は問題が生じます。
法人が主債務者となって不動産担保ローンを融資利用している場合で代表取締役社長が単独で会社経営しているケースでは、債権者と融資返済交渉出来るのは会社社長のみとなります。
例えばその会社社長が何らかのアクシデントで会社運営が困難となり、不動産担保ローンの毎月返済も難しい状況になった場合でも、法人の経営権を持たない親族が融資金の返済交渉する事は出来ません。

法人の経営権を持たない親族が債権者と融資金の返済交渉をするには現在の法人代表者から代表権を継承して、新たな代表取締役社長として債権者と返済交渉しなければいけません。
しかし代表権を継承した親族に会社経営のノウハウが無く、止む無く事業縮小や会社休眠手続き等を行う際には、不動産担保融資利用中の銀行やローン会社といった債権者に承認を得なければいけません。
債権者は担保不動産の担保余力はもちろん、債務者である法人の事業内容や決算書の貸借対照表や損益計算書といった決算内容も含めて担保融資稟議を可決していますので、事業縮小による事業売上の減少や会社休眠手続きを承認してしまうと担保融資実行当初の稟議可決内容と異なってしまうため、債権者側は債務者側の返済内容変更依頼を期限の利益の喪失と見なし、最悪のケースとして融資金の一括返済を迫ることもありますので注意が必要です。

代表権を継承した親族に会社経営のノウハウが無かったり、別事業への鞍替えで新たな借金返済プランを希望される資金需要者には、現在担保ローン利用中の債権者からの不動産担保借り換えローンがお勧めです。
代表権を継承した法人事業のノウハウが無ければ事業規模も縮小していき最終的には倒産というケースも想定されますが、新社長の得意分野事業で会社経営が可能となれば事業計画も立てやすく、これまでの経験やノウハウも活かせるため得意分野での再建計画立案が可能となります。
銀行の貸出金利と比較すれば高金利となる可能性もありますが、20~25年の長期返済プランで毎月々の返済額を抑えれば無理の無い返済プランも作成可能です。
経験の無い会社経営の不安から安易な資産売却を選ぶ債務者の方もいらっしゃいますが、債権の借り換えという手段もありますので、まずはお気軽に不動産担保融資相談してみてください。

気になる事例VOL・234 は京都府京都市在住の清水様。47歳の男性で、京都市内で内装業を営んでいた父親から法人代表継承された元飲食店勤務の方です。
父親が法人主債務で借りた担保権の債権1000万円の借り換え資金、カードローンおまとめ資金として25年長期返済型、元利均等返済方式で1500万円の不動産担保融資希望です。
不動産担保ローン審査対象物件は土地30坪、建物木造平屋建てで昭和45年新築です。
清水様ご家族が居住用不動産として現在利用中です。
銀行の抵当権が2000万円設定されていて、融資金残債務は1000万円あります。
代表取締役の父親が入院してしまった関係で、返済延滞して2ヶ月経ちます。
税金未納はありません。


不動産担保ローン審査対象物件は京都府京都市上京区相生町、叡山電鉄本線出町柳駅より徒歩で約5分の第2種低層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均して坪80~90万円前後です。
出町柳駅近辺は神社仏閣や京都御所、上京区役所等が隣接する京都市内の中心部分で人気が高いです。
交通アクセスも叡山電鉄本線の他に京阪鴨東線、地下鉄烏丸線と複数路線が利用可能で、京都駅までのアクセスも良好です。
担保査定としては中級~高級な住宅地です。
よって土地坪数30坪、土地坪単価80万円、総額2400万円と不動産担保査定評価しました。
第1抵当権者の銀行へ1000万円一括返済し、第1抵当順位から1500万円の不動産担保ローンを融資実行しても不動産担保融資掛け目6割強と融資上限金額以内で問題ありません。


京都市内で内装業を営んでいた清水様のお父様が入院してしまい、仕事が出来なくて銀行の返済を2ヶ月間延滞します。息子である清水様に銀行への返済プラン見直しを委任しますが、銀行から法人の役員でない清水様と返済交渉は不可能と告げられため、お父様の了承を得て法人の代表権を清水様が継承します。新社長となった清水様は銀行へ返済プランのリスケや事業縮小、休眠手続きも検討中と告げます。銀行からは融資当初と状況が変わるとして、期限の利益の喪失に該当するので休眠するなら債務の一括返済を請求すると言われ困ってしまいます。清水様は法人事業の内装業から飲食業への鞍替え、返済年数の長期化を含めた不動産担保借り換えローンの融資相談をローン会社A社へします。融資担当者から担保余力に問題ないので借り換えは可能なこと、法人事業の鞍替えも問題ないこと等をヒアリングされ、正式に不動産担保ローン申込します。不動産現地調査、新規事業計画書や必要書類の提出、社内融資稟議可決、銀行へ一括返済する旨の報告と担保抹消書類の作成依頼、金銭消費貸借契約書締結を経て後日、融資金額1500万円、貸出金利5,6%、返済年数25年、毎月々9万3000円お支払い、返済総額2791万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
法人主債務債権の返済交渉を親族が行うケースに関してのまとめです。

・法人主債務で銀行等から不動産担保ローン利用している場合は債務返済状況や延滞状況、一括返済手続きやリスケ交渉等、担保ローンに関する交渉は法人の代表取締役社長や役員しか行うことが出来ないので、代表者が一身上の都合で債権者との返済交渉等が不可能な場合は親族らに代表者を変更、もしくは役員となれば債権者と直接交渉する事が可能。
・債権者は担保不動産の担保余力はもちろん、債務者である法人の事業内容や決算内容も含めて担保融資稟議を可決するので、事業縮小による売上減少や会社休眠を承認してしまうと融資実行当初の稟議可決内容と異なってしまうため、返済内容変更依頼を期限の利益の喪失と見なし一括返済を迫ることもある。
・代表権継承した親族に会社経営のノウハウが無かったり、別事業への鞍替えで新たな借金返済プランを希望する資金需要者には不動産担保借り換えローンがお勧めで、新社長の得意分野事業で会社経営すれば事業計画もスムーズ、これまでの経験やノウハウも活かせるため得意分野での再建計画立案が可能。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP