Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

使い道の用途は知人への返済も対応

使い道の用途は知人への返済も対応

不動産担保ローンで融資実行を受ける際に、使い道の用途である資金使途は重要なポイントのひとつとなります。
高金利な不動産担保ローンから低金利な不動産担保ローンへの借り換え資金等が代表的ですが、中には知人から借りた借金の返済資金を使い道の用途とされる資金需要者もいらっしゃいます。
知人等の借金に多いのが、契約書の無い口約束のみでのお金の貸し借りです。金銭消費貸借契約書や公正証書の作成、簡単な借用書すら締結していないケースが多く、新たに借用書の作成も出来ないというケースが大半を占めます。
銀行の融資審査は、使い道の用途の根拠となる金銭消費貸借契約書や借用書といったエビデンスの提示が必須です。使い道の用途を明確化することによって過剰貸付防止を図れるからです。
一部銀行系ノンバンクもエビデンス提示は必須ですが、独立系ノンバンクのほとんどが柔軟な融資相談を実施しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
本日は知人からの借金返済資金調達のため、ノンバンク利用による不動産担保ローンを希望されるお客様の事例をご紹介します。
気になる事例VOL・83 は神奈川県川崎市在住の本田様。38歳の男性で、都内の証券会社にお勤めのサラリーマンの方です。
知人からの借金返済資金として500万円の個人向け不動産担保融資希望です。

担保物件:神奈川県川崎市高津区坂戸の一戸建て住宅
登記簿権利(甲区):1年前にご両親から相続した本田様権利
登記簿権利(乙区):抵当権設定等無し
利用形態:居住用住宅
土地25坪 木造3階建て 昭和59年新築
現在空き家
担保査定:不動産担保ローン審査対象物件は東急田園都市線高津駅より徒歩で約15分の第1種中高層住居専用地域に位置する。
高津駅近辺には大小商店等は皆無である。若干距離はあるが隣駅の溝の口駅も利用可能で、近辺には大手スーパーやデパート等が隣接しているため生活環境は良好である。
高津駅徒歩15分圏内の不動産土地取引平均坪相場は平均85~90万円で取引されている。
不動産担保ローン審査対象物件は高津駅から徒歩15分以内、主要急行停車駅と比較すると土地相場も割安なため不動産売買需要も多く、通常土地取引相場での売買が可能と担保査定されました。
よって土地坪数25坪、土地坪単価85万円、総額2125万円と不動産担保査定評価しました。
1年前の相続時に銀行住宅ローンの残債務が残っていたが、銀行住宅ローン団体信用生命保険適用で完済済みなので抵当権設定等の債権債務はありません。
本田様には不動産担保ローン融資実行に必要な書類として源泉徴収表2年分、各種納税証明書、相続時の遺産分割協議書等をご用意いただきまして後日、融資金額500万円、貸出金利6%、返済年数15年、毎月々4万2000円お支払い、返済総額759万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
使い道の用途は知人への返済も対応に関してのまとめです。
・不動産担保ローンで融資実行を受ける際に、使い道の用途である資金使途は重要なポイントのひとつ。
・知人から借りた借金返済資金を使い道の用途とする資金需要者もいるが、契約書の無い口約束のみというお客様も多く、銀行等の融資審査のエビデンス提示に応えられないため融資実行まで至らないケースがほとんどである。
・資金使途を明確化するエビデンスの提示が不可能でも、一部ノンバンクでは柔軟な融資相談を実施しているので、まずは融資相談してみること。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP