Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

持ち分2分の1以下でも融資可能か

持ち分2分の1以下でも融資可能か

ノンバンクの不動産担保ローン持ち分融資審査は融資対象物件の担保評価が2000万、持ち分割合が土地、建物2分の1の場合は持ち分1000万円と評価される事が一般的です。各種ノンバンクの中には不動産共有名義人が所有する不動産持ち分割合によって、不動産担保ローンを取り扱わないノンバンクもあります。不動産持ち分割合が2分の1以上であれば、ほとんどのノンバンクの不動産担保融資審査テーブルに乗ります。しかし不動産持ち分割合が2分の1以下となると、不動産担保ローンの取り扱い不可となるノンバンクもありますので注意が必要です。
本日は不動産共有持ち分権利で銀行系ノンバンクから不動産担保ローンを希望するも、不動産持ち分割合が3分の1で融資審査を否決されたため、少ない不動産持ち分割合でも不動産担保ローン実行可能な独立系ノンバンクで融資希望されるお客様の事例をご紹介します。
気になる事例VOL・94 は埼玉県越谷市在住の菊池様。47歳の男性で食品会社を営む法人経営者の方です。
10年金利変動型フリーローンで300万円の事業者向け不動産担保融資希望です。

不動産担保ローン審査対象物件は土地50坪、建物鉄筋コンクリート造3階建てで平成5年新築。
父親との共有名義で父親3分の2所有、菊池様3分の1所有。
銀行やノンバンク等の抵当権設定は特に無し。
1階部分は自社倉庫として利用中、2階3階部分は居住用住宅兼会社事務所として利用中です。
不動産担保ローン審査対象物件は東武スカイツリーライン越谷駅より徒歩で約5分の商業地域に位置し、近隣の不動産売買取引坪相場は坪50万円前後である。越谷駅からも越谷市役所からも近く、越谷市の中心地で人気もあるため通常土地取引相場での売買が可能と判断。土地坪数50坪×坪単価50万円=総額2500万円と不動産担保査定評価しました。不動産担保融資掛け率70%から不動産持ち分割合3分の1での不動産融資限度額は550万円前後ですので、300万円の持ち分設定での不動産担保ローンに問題はありません。菊池様には不動産担保ローン融資審査に必要な書類をご用意いただきまして後日、融資金額300万円、貸出金利9%、返済年数10年、毎月々3万8000円お支払い、返済総額457万円という内容の事業者向け不動産担保ローンが融資実行となりました。
本日は不動産共有持ち分権利で銀行系ノンバンクから不動産担保ローンを希望するも、不動産持ち分割合が3分の1で融資審査を否決されたため、少ない不動産持ち分割合でも不動産担保ローン実行可能な独立系ノンバンクで融資希望されたお客様の事例をご紹介しました。
菊池様も「父親が認知症なので、所有権での不動産担保ローンは難しかった。不動産持ち分割合が少なくて数社のノンバンクにも断られたけど、諦めずに融資相談して良かったです。」と安堵されてました。
気になる事例VOL・94 本日はこの辺で。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP