Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

不動産担保教育ローンを金利比較

不動産担保教育ローンを金利比較

不動産担保ローンを利用されるお客様の資金使途は様々ですが、その中でも不動産担保教育ローンは人気の金融商品です。
6月に大学の授業料納入期日が迫るので、3~4月辺りから日本政策金融公庫や銀行に教育ローンの融資申し込みを開始しますが、そのような金利の低い金融機関から融資審査否決された資金需要者がノンバンク利用を検討するので、この時期に教育ローン融資申し込みのお客様が増えてきます。
教育ローンの借り入れを検討する資金需要者は、融資金利や事務手数料といった融資諸費用等の融資条件が優遇された金融商品から選択しますので、まずは日本政策金融公庫や都市銀行から低金利、無担保型の融資相談を行います。
自営業者の事業資金やカードローンのおまとめといった資金使途と比較すると教育ローンの融資審査は通りやすいのですが、近年の金融機関融資審査傾向は厳しくなっていることも事実です。
例えば日本政策金融公庫の教育ローン融資審査項目には、色々な融資審査制限が設けられています。
家計にゆとりの無い世帯への救済措置的な意味合いの強い日本政策金融公庫の教育ローンですから、一世帯間の収入合算金額が一定額を超えると融資を受けられません。
平成27年5月時点での世帯年収上限額はお子様一人で790万円、お子様二人で890万円となっています。この他にも細かな融資審査要件はありますが、融資審査がクリアできれば貸出金利は2015年5月の時点で固定金利で年2,15%、融資期間は最長15年と目的別ローンの中では低金利な金融商品です。
日本政策金融公庫とは逆に、東京三菱UFJ銀行の教育ローンは前年度の年収額が200万円以上、勤続年数も1年以上でないと融資申し込みが出来ません。
貸出融資条件は変動金利で年3,975%と、こちらも低金利です。
しかし日本政策金融公庫も銀行も、教育ローンという資金使途以外には融資金の活用は出来ませんし、融資審査も厳しく、借り入れ希望者のクレジットヒストリーのチェック、ブラックや過去の返済延滞者への融資は実行しない場合がほとんどです。
融資審査をクリアして教育ローン融資が実行されても、融資金は指定された大学の振込先に金融機関側が直接振り込みます。
授業料の他に入学お祝い金や引越し費用といった別の資金使途がある場合は、金利は少し高金利となりますが自由度の高いノンバンクの不動産担保ローンも検討してみてはいかがでしょうか。
気になる事例VOL・143 は福岡県福岡市在住の森口様。55歳の男性で、福岡市内で飲食店を営む個人自営業者の方です。
教育ローン資金として10年長期返済型、元利均等返済プランとして300万円の不動産担保融資希望です。

不動産担保ローン審査対象物件は土地50坪、建物木造2階建てで平成7年新築です。
森口様ご家族が居住用不動産として現在利用中です。
新築購入時の銀行住宅ローンが2000万円抵当権設定されており、融資金残債務は1000万円あります。返済遅延や税金未納は特にありません。
不動産担保ローン審査対象物件は福岡県福岡市南区、西鉄天神大牟田線大橋駅より徒歩で約10分の第2種低層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均で坪50~55万円前後です。
大橋駅近辺は大橋西鉄名店街を中心に、家電量販店のベスト電器や洋服の青山、南区役所が隣接する住環境に適した住宅地です。JR博多駅や福岡空港も近く、アクセスも良好です。
土地の大きさも50坪と広く、土地形状もほぼ正方形とマイナス要因が少ないため、通常での不動産売買取引が可能と担保評価されました。
よって土地坪数50坪、土地坪単価50万円、総額2500万円と不動産担保査定評価しました。
銀行住宅ローンの残債務1000万円に想定遅延損害金2年分加算して、第2抵当順位で300万円の不動産担保融資を実行しても不動産担保融資掛け目6割強と融資上限額以内で問題ありません。
森口様には不動産担保融資実行に必要な書類として確定申告書3年分、各種税金納税証明書3年分、銀行住宅ローン残高証明書、大学前期授業料請求書等をご用意いただきまして後日、融資金額300万円、貸出金利9,5%、返済年数10年、毎月々3万8800円お支払い、返済総額466万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
不動産担保教育ローンを金利比較に関してのまとめです。
・日本政策金融公庫や銀行の無担保教育ローンを融資否決されたお客様がノンバンクの不動産担保ローンを検討し始めるので4月、5月は教育ローンの需要が増える。
・日本政策金融公庫や銀行の教育ローンは他の資金使途と比較すると融資審査は通りやすいが、それでもクレジットヒストリーのチェックや世帯間合算年収上限額があったり、勤続年数や最低年収規定が設けられていたりと融資審査項目は多い。
・教育ローン以外の資金使途に利用することは不可能なので、引っ越し費用やお祝い金捻出のために金利の高いノンバンクを利用する資金需要者も多い。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP