Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

ローン借り換えのメリット

ローン借り換えのメリット
ローン会社やノンバンクの取り扱う不動産担保ローンを融資利用中で借り換えローンを検討されている資金需要者は多いですが、不動産担保借り換えローンには貸出金利が安くなったり返済年数が大幅に長期になって毎月々の返済額が減額されたりと、最近は借り手である債務者にとってメリットのある金融商品が多く融資展開されています。

個人自営業者や法人経営者といった事業者が緊急のつなぎ資金として高金利の貸金業者から不動産担保ローンを融資利用せざるを得なかったという融資事例も多いですが、緊急のつなぎ資金が間に合って事業も落ち着いた際には低金利な不動産担保借り換えローンを検討されてはいかがでしょうか。
不動産担保ローンの借り換えメリットで一番分かりやすいのが、高金利な不動産担保ローンから低金利な担保ローンへの借り換えローンです。
例えば不動産担保ローンで1000万円借りていて、借り換えによって1%貸出金利が下がっただけでも年間で返済額が10万円も減額されます。
不動産担保借り換えローンで貸出金利が下がれば下がるほど年間の返済総額が減額されますので、担保不動産に担保余力が残っている資金需要者の方は積極的に不動産担保借り換えローンを検討して、借り換えによって生じるメリットをしっかり享受していきましょう。

借り換えローンで貸出金利がさほど変わらなくても返済年数を長期返済に変更して、毎月々の返済額を減額させることに借り換えのメリットを見出す資金需要者も多いです。
不動産担保ローンで組める返済年数の上限は担保不動産の種別や利害関係者の年齢、ローン会社の融資規約等で細かく分類されているため、ローン会社ごとに組める返済年数は様々です。
例えばローン会社A社は貸出金利は低金利なのに返済年数の上限が10年で毎月の返済額が多いケース、これに対してローン会社B社は貸出金利は高金利だが返済年数の上限が25年で返済額がかなり抑えられるケースとがあります。
資金需要者が低金利で10年の返済プランを選択したケースで、当初は順調だった返済計画に病気や給与減額、事業がうまくいかない等の生活面においてのトラブルが生じた場合、高金利ではあるが最長25年の返済プランで毎月々の返済額がかなり圧縮できる不動産担保借り換えローンを融資利用するメリットは資金需要者にとっては大きいのではないでしょうか。

不動産担保ローンで借り換えを検討されている資金需要者の方は、借り換えによって生じるご自身へのメリットを十分に吟味して、少しでも借り換えメリットが生じるのであれば迷わずにローン会社へ担保融資相談してみましょう。

気になる事例VOL・291 は埼玉県春日部市在住の園部様。49歳の男性で、春日部市内の介護施設で働く会社員の方です。
2年前に借りたローン会社の借り換え資金として20年長期返済型、元利均等返済方式で800万円の不動産担保融資希望です。


不動産担保ローン審査対象物件は土地30坪の更地です。
園部様の自宅隣地の更地で、現在は園部様ご家族の駐車場として利用しています。
ローン会社A社の抵当権が500万円設定されていて、融資金残債務は450万円あります。
返済延滞や税金未納はありません。


不動産担保ローン審査対象物件は埼玉県春日部市中央、東武スカイツリーライン春日部駅より徒歩で約10分の第2種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均して坪40~50万円前後です。
春日部駅近辺は春日部市役所を中心に、イトーヨーカドーや大小商店が林立する活気ある住宅地です。
交通アクセスも東武スカイツリーラインで北千住駅や押上駅まで乗り換え無しでアクセスでき、利便性は良いです。
担保査定としては普通の住宅地です。
よって土地坪数30坪、土地坪単価40万円、総額1200万円と不動産担保査定評価しました。
第1抵当権者のローン会社A社の融資金残金450万円を一括返済し、第1抵当順位から800万円の不動産担保ローンを融資実行しても不動産担保融資掛け目7割弱と融資上限金額以内で問題ありません。


春日部市内の介護施設で働く園部様は2年前に不動産担保融資を受けたローン会社A社の貸出金利が15%と高金利なためB銀行へ不動産担保借り換えローンを融資相談しますが、B銀行自体がローン会社の借り換えローンを行っていないと告げられ融資相談を否決されます。困った園部様はローン会社C社へ不動産担保借り換えローンを融資相談します。融資相談の事前ヒアリングで担保不動産の担保余力に問題無いので、現在の貸出金利から9%は引き下げられるので借り換えローンを提案されます。借り換えローンプランを承諾した園部様は正式に不動産担保融資申し込みします。不動産現地調査、必要書類提出、社内融資稟議可決、ローン会社A社へ一括返済の申し入れ、担保融資事前説明、金銭消費貸借契約書の締結を経て後日、融資金額800万円、貸出金利6%、返済年数20年、毎月々5万7000円お支払い、返済総額1376万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
ローン借り換えのメリットに関してのまとめです。

・ローン会社やノンバンクの取り扱う不動産担保ローンを融資利用中で借り換えローンを検討している資金需要者は多いが、担保借り換えローンには貸出金利が安くなったり返済年数が長期になって毎月の返済額が減額されたりと、最近は債務者にとってメリットのある金融商品が多く融資展開されている。
・個人自営業者や法人経営者といった事業者が緊急のつなぎ資金として高金利の貸金業者から不動産担保ローンを融資利用せざるを得なかったという融資事例も多いが、緊急のつなぎ資金が間に合って事業も落ち着いた際には低金利な不動産担保借り換えローンを検討することを勧める。
・借り換えローンで貸出金利がさほど変わらなくても返済年数を長期返済に変更、毎月の返済額を減額させることに借り換えのメリットを見出す資金需要者も多いが、不動産担保ローンで組める返済年数の上限は担保不動産の種別や利害関係者の年齢、ローン会社の融資規約等で細かく分類されているため、ローン会社ごとに組める返済年数は様々。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP