Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、貸金業法第24条の40の規定に基づく講習の
過程を修了したABCサニーの貸金業務取扱主任者スタッフがより一層のお役に立つ情報を配信中!

保証人不要な不動産担保ローンのケース

保証人不要な不動産担保ローンのケース
保証人不要の不動産担保ローンを取り扱うローン会社は多いですが、2020年4月に民法の一部が法改正され保証人への情報提供義務等が新設されたりと、ローン会社と主債務者、保証人を取り巻く環境も変化し、保証人不要な不動産担保ローン利用の需要は高まっています。

保証人不要な不動産担保ローンを利用出来る資金需要者とは、主債務者が会社員であっても自営業者であっても担保不動産を所有していて給与所得や事業所得といった安定収入のある方が一般的な保証人不要な担保融資対象者となります。
担保となる不動産は単独所有でも共有名義でも保証人のいらない担保融資の対象となりますが、単独所有による所有権融資のほうが共有名義による持ち分ローンよりも金利は低金利となり、融資金額やその他融資諸条件も有利となります。

給与所得や事業所得といった安定収入が無かったり、無職の方や専業主婦、収入の低いパートやアルバイトの方でも保証人不要の不動産担保ローンを融資利用できるケースもあります。
無職や安定収入の無い方でも不動産を所有していて、担保不動産を売却するための不動産担保つなぎ融資であれば、保証人不要な不動産担保ローンを融資利用することが可能です。
担保不動産が共有名義で、共有者が高齢で心配を掛けたくないとの理由で保証人不要な不動産担保持ち分ローンを希望される資金需要者も多いです。
共有名義の持ち分割合にもよりますが、共有者に内緒で保証人のいらない保証人不要な不動産担保持ち分ローンを融資利用可能です。

保証人不要ではなく保証人を要する不動産担保ローンのケースでも通常の保証人の他に、連帯保証人として金銭消費貸借契約するケースと物上保証人として契約するケースがあります。
連帯保証人には主債務者と同等の返済義務が生じますが、物上保証人は担保不動産の評価範囲内のみ返済義務が生じるので、保証の範囲や契約内容はしっかり把握するように注意しましょう。

2020年4月に民法の一部が法改正されましたが、具体的な民法改正は極度額の定めの無い個人の根保証契約は無効となったこと、個人が事業用融資の保証人となる場合は公証人による保証意思の確認を義務付け、保証人への情報提供義務が新設されました。
民法改正によりローン会社の担保融資対応も変わり、法改正前は連帯保証人契約をしていたケースが、法改正後は物上保証人契約にする等、ノンバンク各社の対応も様々です。

保証人不要な不動産担保ローンを融資希望の資金需要者の方は、先ずはお気軽にローン会社へ担保融資相談ください。
資金需要者の状況や担保不動産の内容等を精査し、保証人のいらない保証人不要な不動産担保ローンを融資利用出来るように融資担当者が親切丁寧にアドバイスしていきます。

気になる事例VOL・309 は埼玉県桶川市在住の山田様。38歳の男性で、桶川市内で学習塾を営む個人自営業者の方です。
事業運転資金として20年長期返済型、元利均等返済方式で500万円の不動産担保融資希望です。



不動産担保ローン審査対象物件は土地60坪、建物木造2階建てで平成20年新築です。
山田様ご家族が居住用不動産として現在利用中です。
銀行住宅ローンが第1抵当権で1000万円設定されていて、融資金残債務は400万円あります。
返済延滞や税金未納はありません。


不動産担保ローン審査対象物件は埼玉県桶川市寿、JR高崎線桶川駅より徒歩で約10分の第2種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均して坪30~40万円前後です。
桶川駅近辺はパトリア桶川を中心に大小商店が軒を連ねる、買い物等に不便の無い住宅地です。
交通アクセスもJR高崎線で上野や東京、新宿にも乗り換え無しでアクセス可能で便利です。
担保査定としては普通の住宅地です。
よって土地坪数60坪、土地坪単価30万円、総額1800万円と不動産担保査定評価しました。
第1抵当権者である銀行住宅ローンの融資金残債務400万円に2年分の想定遅延損害金を加算して、第2抵当順位から500万円の不動産担保ローンを融資実行しても、不動産担保融資掛け目6割弱と融資上限金額以内で問題ありません。


桶川市内で学習塾を営む山田様はメインバンクに事業運転資金の融資相談をしますが、過去3期分の確定申告書の内容が悪いという理由から融資否決されます。困った山田様はローン会社A社へ保証人不要な不動産担保ローン相談します。融資担当者から不動産担保机上査定で担保融資審査は問題無いと告げられ、正式に不動産担保融資申し込みします。不動産現地調査、必要書類の提出、事業計画書や改善計画書の作成、社内融資稟議可決、担保融資事前説明、金銭消費貸借契約書の締結を経て後日、融資金額500万円、貸出金利8%、返済年数20年、毎月々4万2000円お支払い、返済総額1004万円という内容の保証人不要な不動産担保ローンが融資実行となりました。
保証人不要な不動産担保ローンのケースに関してのまとめです。

・保証人不要の不動産担保ローンを取り扱うローン会社は多いが、2020年4月に民法の一部が法改正され保証人への情報提供義務等が新設され、ローン会社と主債務者、保証人を取り巻く環境も変化し、保証人不要な不動産担保ローン利用の需要は高まっている。
・保証人不要な不動産担保ローンを利用出来る資金需要者とは、主債務者が会社員であっても自営業者であっても担保不動産を所有していて給与所得や事業所得といった安定収入のある方が一般的な保証人不要な担保融資対象者となる。
・2020年4月に民法の一部が法改正されたが、具体的な民法改正は極度額の定めの無い個人の根保証契約は無効となったこと、個人が事業用融資の保証人となる場合は公証人による保証意思の確認を義務付け、保証人への情報提供義務が新設された。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP