Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

未納税金は融資実行同時納税が必須

未納税金は融資実行同時納税が必須

株式投資失敗やギャンブル等により住宅ローンの返済や無担保ローンの借金返済に逼迫し、自宅不動産を売却して不動産売却代金から借金を返済される債務者は少なくありません。ノンバンクが不動産売却前提ローンの融資実行をする際に、各種税金の納税状況を調査して税金未納が発生している場合は不動産担保融資実行時に、融資金から優先して各種税金の未納分を納付していただくことが融資条件となります。税金未納が解消されないまま不動産担保融資を実行すると、不動産担保物件に税金未納の差し押さえ登記設定や強制執行の危険性があるため、不動産売却時一括弁済の短期金銭消費貸借契約であっても税金の完納は必須事項となるのです。
本日は借金相殺のため自宅不動産売却を決意し、住宅ローン延滞分返済資金、無担保ローン完済資金、税金滞納完納資金調達をノンバンク利用の個人向け不動産担保ローンで検討されるお客様の事例をご紹介します。
気になる事例VOL・60 は東京都中野区在住の佐久間様。45歳の男性で、東京都内で建築設計会社にお勤めのサラリーマンの方です。
不動産売却までのつなぎ資金、無担保ローン完済資金、税金完納資金として500万円の個人向け不動産担保融資希望です。

担保物件:東京都中野区沼袋の一戸建て住宅
登記簿権利(甲区):佐久間様権利
登記簿権利(乙区):抵当権設定有り 住宅金融公庫 抵当権設定3000万円 残債務2000万円
利用形態:居住用住宅
土地50坪 木造2階建て平成15年新築
佐久間様ご家族4人が居住
担保査定:不動産担保ローン審査対象物件は西武新宿線沼袋駅より徒歩で約10分の住宅街に位置する。沼袋駅近辺には大手スーパーの西友、大小商店が軒を連ねており、住環境としては良好である。都心へのアクセスも新宿まで20分以内、中野駅へは徒歩で15分程度と非常に便も良い。比較的手の出しやすい都心の住宅街として人気が高い。沼袋駅徒歩10分圏内の不動産土地取引平均坪相場は約110~120万円で取引されている。不動産担保ローン審査対象物件は沼袋駅から徒歩10分圏内、土地の形状もほぼ正方形、駐車場スペースも2台確保と好条件。通常土地取引相場以上での取引も十分可能と判断。よって土地坪数50坪×坪単価120万円=総額6000万円と不動産担保評価。第1抵当権者住宅金融公庫の抵当権残債務が2000万円残っているため、不動産総評価から2000万円を引いた金額4000万円から不動産担保融資掛け率を差し引いても500万円の不動産担保融資実行に問題は無い。佐久間様には不動産担保ローン融資実行に必要な書類として源泉徴収票2年分、各種納税証明書と納付書、第1抵当権者住宅金融公庫債務残高証明書、不動産売却を依頼した不動産業者との専任媒介契約書等をご用意いただきまして後日、融資金額500万円、貸出金利7%、返済年数1年、毎月々はお利息のみの約2万9000円お支払い、不動産売却時残金一括弁済という内容の個人向け不動産担保ローンが融資実行となりました。
本日は不動産売却までのつなぎ資金、無担保ローン完済資金、税金完納資金を個人向け不動産担保ローンで希望されるお客様の事例をご紹介しました。
佐久間様も「住宅ローン返済や無担保ローンの返済も遅れてしまい不動産売却を決意した。不動産担保ローンのおかげで無担保ローンも完済出来たので、不動産売却に専念できます。」と安堵されておりました。
気になる事例VOL・60 本日はこの辺で。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP