Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

不動産ローン業界の担保査定は業者それぞれ

不動産ローン業界の担保査定は業者それぞれ

金銭消費貸借契約書や借用書も結ばずに口約束のみで友人へ融資してしまい、債権回収が難しくなったので不動産担保ローンで借り替えたいという融資相談を受けました。
友人への融資のためにノンバンクA社から、借り入れ金額2000万円、貸出金利12%、返済年数1年の期日一括返済という内容の不動産担保ローン融資実行を受けた三重県四日市市在住の井口様。
返済期日まで1ヶ月を切った時期に友人から、事業の業績が上がらないため融資金の返済が難しいと伝えられました。返済期日が迫った井口様はノンバンク数社へ不動産担保ローンの借り替え融資を相談します。
井口様の自宅不動産担保査定評価金額は総額2900万円程度で、ノンバンクA社の融資金残債務が不動産担保査定評価金額の7割まで融資実行されているため、ほとんどのノンバンクから融資否決されました。井口様の自宅は新興住宅街で不動産売買事例も多いですが、平均的な不動産売買事例しか無いためノンバンク数社の不動産担保評価も同等でした。
不動産担保ローンの借り換えには担保権登記設定費用や事務手数料、印紙代や借り換え先ノンバンク解約手数料等が別途発生しますので、2000万円の不動産担保ローンの借り換え時に150~200万円程度の諸費用がプラスされます。
ほとんどのノンバンクが不動産担保融資掛け率7割で融資金計算しますが、ノンバンクB社は不動産担保融資掛け率8割で融資金計算し、総額2300万円の不動産担保借り換えローンが成立しました。
不動産担保ローン業界の担保査定は業者によって様々ですので、まずは融資相談してみてください。
本日は友人への融資のために借り入れたノンバンクの返済期日が迫り、友人の返済目処が立たないため新たなノンバンクでの事業者向け不動産担保借り換えローンを希望されるお客様の事例をご紹介します。
気になる事例VOL・103 は三重県四日市市在住の井口様。45歳の男性で、四日市市内で製本業を営む法人経営者の方です。
ノンバンクの借り換え資金として、2年短期契約の元金据え置きローンで2300万円の事業者向け不動産担保融資希望です。

不動産担保ローン審査対象物件は土地97坪、建物木造2階建てで平成5年新築です。
井口様ご家族が居住用住宅として現在利用中です。
ノンバンクA社の抵当権2000万円の登記設定があり、残債務も2000万円です。
不動産担保ローン審査対象物件は近鉄湯ノ山線伊勢松本駅より徒歩で約10分の近隣商業地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は坪30万円前後です。
97坪の土地坪数は広めの土地需要の高い地域特性と合うため通常土地取引相場での売買が可能と担保査定されました。
よって土地坪数97坪、土地坪単価30万円、総額2910万円と不動産担保査定評価しました。
不動産担保融資掛け目8割で融資金額算出し、融資金額2300万円、貸出金利7%、返済年数20年、毎月々17万8000円お支払い、返済総額4280万円という内容の事業者向け不動産担保借り換えローンが融資実行となりました。
不動産ローン業界の担保査定は業者それぞれに関してのまとめです。
・ノンバンク業界の融資上限金額は、不動産担保査定評価額に対しておおよそ7割である。
・不動産担保ローンの借り換えには担保権登記設定費用や事務手数料、印紙代や借り換え先ノンバンクの解約手数料が別途発生するので注意が必要。
・ノンバンク業界のほとんどが不動産担保融資掛け目7割で計算するが、中には不動産担保融資掛け目8割まで計算してくれるノンバンクも存在する。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP