Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

延滞や金融事故歴のローン審査対応

延滞や金融事故歴のローン審査対応
不動産担保ローンや住宅ローンの融資お問い合わせ時に、銀行に融資否決れたけど融資してもらえるのか、返済延滞で個人信用情報がブラック扱いになっているけど融資審査には影響するか等の融資相談をよく受けます。

不動産担保ローンの融資相談者が過去に長期延滞や自己破産、債務整理、消費者金融等での金融事故が原因で銀行や大手ローン会社から融資審査を否決されるケースが非常に増えています。
返済の延滞履歴や自己破産、債務整理の履歴は個人信用情報に記載されますし、免責や債務整理後の融資残金を完済しても一定期間(おおよそ5~7年)は履歴削除されません。

不動産担保ローン融資相談者の中には、過去の金融事故が影響して銀行の住宅購入ローンや建て替えローン、リフォーム資金融資等を否決されたお客様から融資相談を受けますが、ノンバンクの不動産担保ローンは過去の金融事故に対して柔軟対応で応じています。
自己破産に関しては裁判所からの免責が下りていれば問題ありませんし、債務整理等に対しても現時点で債権債務残債務が残っていなければ融資審査に影響しないケースもあります。

銀行の住宅購入ローン、担保貸付は低金利で魅力的ですが、過去の金融事故には厳しく融資審査対応しています。
銀行と同等レベルの低金利融資はほとんど実行不可能ですが、ノンバンクの不動産担保ローン、住宅担保ローンは審査基準も柔軟で、延滞等の金融事故歴で悩まれている資金需要者の融資実行にも積極対応していますので、先ずはお気軽に融資相談してください。

気になる事例VOL・129 は熊本県熊本市在住の瀬田様。45歳の男性で、熊本市内の官公庁にお勤めの地方公務員の方です。
二世帯住宅への建て替え資金として、25年長期返済型元利金等返済プランで1500万円の不動産担保融資希望です。


不動産担保ローン審査対象物件は土地80坪、建物木造平屋建てで昭和46年新築です。
瀬田様の実家で現在は母親が一人で暮らしていますが、二世帯住宅の新居を建てて瀬田様ご家族と同居する予定です。
土地、建物共に70歳の母親名義で、銀行住宅ローン等の抵当権設定はありません。税金未納もありません。


不動産担保ローン審査対象物件は熊本県熊本市南区、鹿児島本線熊本駅より車で約10分の第2種低層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引坪相場は平均で坪30~35万円前後です。
熊本駅から徒歩圏ではありませんが、熊本市自体が車社会なのでマイナス要因にはなりません。
車移動10分圏内に熊本駅や繁華街、熊本市役所等が密集していて住環境は良好です。
特に問題も見受けられないので、通常での不動産売買取引が可能と担保査定されました。
よって土地坪数80坪、土地坪単価30万円、総額2400万円と不動産担保査定評価しました。
先順位に抵当権設定等も無く、1500万円の不動産担保融資を実行しても不動産担保融資掛け目6割強で融資限度額以内で問題ありません。


瀬田様には不動産担保ローン融資実行時に必要な書類として、源泉徴収票2年分、各種税金納税証明書3年分、新居建て替え資金見積書、工務店との請け負い契約書等のご用意、瀬田様の母親には不動産担保提供する同意書、不動産担保融資保証人事前説明書への署名捺印を経て、融資金額1500万円、貸出金利5,8%、返済年数25年、毎月々9万4800円お支払い、返済総額2845万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
延滞や金融事故歴のローン審査対応に関するまとめです。

・過去の長期延滞や自己破産や債務整理等の金融事故歴が原因で、銀行等の住宅購入ローンを融資否決されるケースが増えている。
・延滞履歴や自己破産や債務整理は金融事故履歴として、個人信用情報に記載されて履歴も一定期間残る。
・ノンバンクの不動産担保ローン融資審査は免責、債務完済さえしていれば、過去の金融事故歴にも柔軟対応している。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP