Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

高グレードマンション担保は融資掛け目もアップ

高グレードマンション担保は融資掛け目もアップ

ノンバンクが取り扱う不動産担保ローンの融資上限金額は担保不動産評価金額の6割から7割が相場ですが、都心部を中心とした高いグレードの分譲マンションは不動産評価金額の8割以上の担保融資が可能な場合があります。

三菱地所や野村不動産といった大手不動産デベロッパーが事業展開する分譲マンションシリーズはブランド力があり人気も高く、分譲販売開始と同時に完売するケースも少なくありません。
大手不動産会社のブランドマンションは中古マンション市場でも人気が高く、近隣の一般的な中古マンション相場よりも高値で不動産売買されています。
ノンバンクの不動産担保査定評価は実際に不動産売買されている売買事例を基に担保査定評価しますので、実勢価格が高ければ不動産担保査定評価も高くなります。

グレードの高い人気のマンションは不動産売却の際もエンドユーザーの買主がすぐに見つかりますので、ローン会社は比較的ローリスクで債権回収することが出来ます。
顧客が不良債権化した際の債権回収リスクが少なければ、ノンバンクは強気の不動産担保融資掛け目での融資実行が可能となります。
一般的なグレードの分譲マンションは不動産担保融資掛け目が6割から7割なのに対して、高グレードな分譲マンションは8割以上の担保融資掛け目での融資実行が可能なので、第1抵当順位で銀行の住宅ローンを残したまま第2抵当権設定で担保融資を利用する際も、高グレードなマンションのほうが不動産担保融資掛け目を高く計算できるので有利となります。

ノンバンクは杓子定規な不動産担保評価ではなく、担保マンションの特徴や規模、グレードや市場性、ブランド力を重視しますので、銀行の住宅ローンがまだ多く残っているからと担保融資を諦めているお客様はお気軽に融資相談してください。

気になる事例VOL・201 は東京都豊島区在住の伊藤様。44歳の男性で、東京都内で飲食店を営む法人経営者の方です。
事業運転資金として10年長期返済型、元利均等返済方式で第2抵当順位から500万円の不動産担保融資希望です。

担保評価高いブランドマンション


不動産担保ローン審査対象物件は200世帯ほどの大規模な分譲マンションで15階建ての5階部分、占有面積80㎡の3LDKタイプで平成18年新築です。 伊藤様ご家族が居住用不動産として現在利用中です。 銀行住宅ローンが第1抵当権設定されていて融資金残債務は4500万円あります。返済延滞や税金未納はありません。

不動産担保ローン審査対象物件は東京都豊島区北大塚、JR山手線大塚駅より徒歩で約10分の近隣商業地域に位置し、近隣の中古分譲マンション売買取引相場は平均で80㎡の3LDKタイプ、築10年以内で7800~8000万円(坪単価320~330万円)前後です。
大塚駅近辺は大手スーパーや駅施設、大小商店が隣接する活気ある繁華街が人気です。
交通アクセスもJR山手線まで徒歩圏、都電荒川線や東京メトロ丸の内線といった複数路線も利用可能で、利便性は非常に高いです。
担保不動産は大手不動産デベロッパーが分譲販売した人気の高いブランドマンションで、中古市場でも非常に高い人気を誇ります。
担保査定としては中級~高級程度の住宅街です。
よって建物坪数24,2坪、建物坪単価320万円、総額7744万円と不動産担保査定評価しました。
第1抵当権者の銀行住宅ローンが4500万円残っていますが、想定遅延損害金2年分を加算して第2抵当順位から500万円の不動産担保ローンを融資実行しても不動産担保融資掛け目8割強と融資上限金額以内に納まります。

東京都内で飲食店を営む伊藤様は事業運転資金調達のため第2抵当順位からノンバンクの不動産担保ローンを融資申し込みしますが、銀行住宅ローンの残債務が多く残っていて想定遅延損害金を加算すると不動産担保融資掛け目が7割を超えてしまうため担保融資審査を否決されます。困った伊藤様は複数社に担保融資のローン相談をしますが、ほとんどのノンバンクから担保融資掛け目をオーバーしていることを理由に融資否決されます。それでも伊藤様は諦めずにローン会社A社へ担保融資相談すると、ローン会社A社は担保となるマンションのグレードやブランド力が高いこと、実勢価格や人気度を重視して不動産担保融資掛け目を8割までアップして担保融資審査稟議を可決します。担保ローン必要書類の提出、銀行住宅ローンの残高証明書の発行、金銭消費貸借契約書の締結を経て、第2抵当順位から融資金額500万円、貸出金利9%、返済年数10年、毎月々6万3000円お支払い、返済総額761万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
高グレードマンション担保は融資掛け目もアップに関してのまとめです。

・ノンバンクが取り扱う不動産担保ローンの融資上限金額は担保不動産評価金額の6割から7割が相場だが、都心部を中心とした高いグレードの分譲マンションは不動産評価金額の8割以上の担保融資が可能な場合がある。
・グレードの高い人気マンションは不動産売却の際もエンドユーザーの買主がすぐに見つかり、ローン会社は比較的ローリスクで債権回収することが可能なため、ノンバンクは強気の不動産担保融資掛け目での融資実行が可能。
・ノンバンクは杓子定規な不動産担保評価ではなく、担保マンションの特徴や規模、グレードや市場性、ブランド力を重視するので、銀行住宅ローンが多く残っているからと担保融資を諦めているお客様は気軽に融資相談することを勧めます。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP