Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

担保価値不足で融資希望金額減額の対処方法

担保価値不足で融資希望金額減額の対処方法

不動産担保ローンで融資を受ける際に担保となる不動産の担保価値不足で、融資決済金額が希望した金額に満たない場合でも融資を受けることは可能です。
車の購入資金や自宅リフォーム資金、不動産の購入資金といった資金使途で減額融資となった場合は、各々の資金使途のグレードを下げる等して減額融資分の対応が可能です。しかし担保価値が不足して減額された融資金額によって、本来の資金使途が達成されない場合はこの限りではありません。
例えば不動産担保融資の借り換えの場合は、その借り換え先金融業者への一括返済資金まで融資金額が捻出出来ないと借り換え融資が成立しませんので、不動産担保借り換え融資は担保価値不足で融資意審査否決となります。
この他にも借り換え先金融業者への一括返済資金は捻出できたとしても、その資金需要者が税金滞納中で融資金額から滞納税金分を完納出来なければ、やはり不動産担保ローンは審査否決となります。
融資金額の減額によって、資金使途の達成が困難な場合の対処方法は主に二通りあります。
一つ目は減額融資と判断された不動産の他に、別途追加担保を差し出す方法です。減額された融資金額分を追加担保を差し出し、共同担保として不足した担保価値を補うのです。
二つ目は減額された融資金額分を自己資金で持ち出す方法です。前述した税金を完納出来なくて融資否決のケースを例に取りますと、自己資金で税金納税資金を捻出して不動産担保融資契約日までに納税証明を提出することで解決します。
上記の他にも解決方法は多々ありますので、不動産担保価値不足で融資否決されたお客様も諦めずに先ずはご相談ください。
気になる事例VOL・139 は大阪府大阪市城東区在住の児玉様。53歳の男性で、大阪市内の出版社にお勤めのサラリーマンの方です。
相続した実家不動産を担保として20年長期返済型、元利均等返済方式で1000万円の不動産担保融資希望です。

不動産担保ローン審査対象物件は土地20坪、建物木造平屋建てで昭和59年新築です。
児玉様の実家で、4年前に実母から相続後は空家状態です。
大阪の中堅貸金業者Mの根抵当権が極度額1500万円設定されており、融資残債務は800万円です。返済遅延はありませんが、固定資産税や住民税の税金未納が合算して100万円あります。
不動産担保ローン審査対象物件は大阪府大阪市城東区今福南、内環状線今福鶴見駅より徒歩で約10分の第2種中高層住居専用地域に位置し、近隣の不動産売買取引相場は平均で坪60~65万円前後です。
今福鶴見駅近辺はスーパーのイズミヤを中心に、大小商店が隣接する買い物等に便利なエリアです。JR京橋駅にも近く、活気溢れる商店地域として人気があります。
不動産担保ローン審査対象物件は土地坪数20坪と小ぶりですが、人気の商店エリアということで通常での不動産売買取引が可能と担保評価されました。
よって土地坪数20坪×土地坪単価60万円=総額1200万円と不動産担保査定評価しました。
不動産担保融資掛け目70%で融資金算出すると融資金上限金額は840万円となります。第1抵当権者である貸金業者Mの完済金額は捻出できても、未納税金分の完納資金が融資金から捻出できません。
通常であれば決済金不足ということで融資否決されますが、税金完納資金を自己資金で捻出出来ないかと児玉様に提案させていただき了承してもらいました。
1000万円の不動産担保融資希望でしたが840万円の減額融資となること、不動産担保融資契約日までに未納税金を完納して納税証明書を提出いただくことを条件として後日、融資金額840万円、貸出金利7%、返済年数20年、毎月々6万5000円お支払い、返済総額1563万円という内容の不動産担保ローンが融資実行となりました。
担保価値不足で融資希望金額減額の対処方法に関してのまとめです。
・不動産担保融資で希望融資金額に満たなくても、減額融資で資金使途が達成できれば融資を受けることは可能。
・減額融資と判断された不動産の他に、別途追加担保を差し出して減額された金額分を補う事が可能。
・減額された融資金額分を自己資金で持ち出し、借り換え融資等の資金使途を達成させることも可能。

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP