Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

新規事業者の借り換えローン利用時のポイント

新規事業者の借り換えローン利用時のポイント

新規事業者の借り換えローン利用時のポイント新規事業者がローン会社の不動産担保ローンを融資利用して開業資金や運転資金、仕入れ資金等を資金調達することは、新規事業計画書や新規開業プラン等の細やかな書類提出は求められますが、担保融資審査自体のハードルは担保余力さえあればさほど高くはありま…

詳しくはこちら
親名義の不動産を担保にする際の注意点

親名義の不動産を担保にする際の注意点

親名義の不動産を担保にする際の注意点ローン会社の不動産担保ローン融資相談の中で、資金需要者の所有ではない親名義の不動産を担保に融資を受けられるのかというローン相談や融資お問い合わせは多いですが、不動産所有者である親の承諾がしっかり得られていて、尚且つ契約行為等に支障のない判断…

詳しくはこちら
リースバックによる返済と債務整理の違い

リースバックによる返済と債務整理の違い

リースバックによる返済と債務整理の違い銀行やローン会社の不動産担保ローンにしても銀行、信販系のカードローンにしても借金をすれば必ず返済義務が生じますが、借金を返済する方法は多岐に亘り、最近では自宅を売却しても引っ越すことなくそのまま住み続けていけるリースバックが人気だったり、弁…

詳しくはこちら
リースバックと不動産担保ローンの比較

リースバックと不動産担保ローンの比較

リースバックと不動産担保ローンの比較不動産担保ローンとは所有不動産に抵当権や根抵当権といった担保権を設定して毎月決まった金利や返済額を支払っていく金融商品ですが、リースバックは不動産所有者が不動産業者や投資家といった第三者に所有不動産を不動産売却し、不動産売却後もその第三者と…

詳しくはこちら
ローン会社各社の担保評価方法

ローン会社各社の担保評価方法

ローン会社各社の担保評価方法担保となる不動産の担保評価を算出する際に、都市銀行や地方銀行、信用金庫、ローン会社、ノンバンク各社によって独自の不動産担保評価算出方法があり、都市銀行では担保評価不足により融資否決された担保不動産が、ローン会社では担保不動産が高評価で融資可…

詳しくはこちら
自宅一部を収益物件化で総量規制クリア

自宅一部を収益物件化で総量規制クリア

自宅一部を収益物件化で総量規制クリア貸金業法の総量規制が2010年に完全施行され、会社員の方が自宅不動産を担保に融資を受けることはハードルが高いという認識が世間一般的に浸透されてきましたが、それでも会社員の方の資金需要は増えており不動産担保ローン相談も多くお問い合わせをいただ…

詳しくはこちら
贈与税対策は担保ローンを活用

贈与税対策は担保ローンを活用

贈与税対策は担保ローンを活用ローン会社が取り扱う不動産担保ローンで税金納付を資金使途とされる資金需要者は多いですが、住民税や固定資産税、国民健康保険税といった確定された税金以外の、相続税や贈与税等のこれから発生し得る税金の対策にもローン会社の不動産担保ローンは融資対応…

詳しくはこちら
2番抵当ローンのデメリット

2番抵当ローンのデメリット

2番抵当ローンのデメリット銀行の住宅ローンやローン会社の抵当権や根抵当権といった担保権を残したまま、後順位から不動産担保融資する2番抵当ローンには様々なメリットがありますが、2番抵当ローンにすることによる資金需要者のデメリットや注意点も多くあります。 銀行の住宅ロー…

詳しくはこちら
2番抵当ローンのメリット

2番抵当ローンのメリット

2番抵当ローンのメリット銀行の住宅ローンやローン会社の担保権が1番抵当権設定されている状態で不動産担保融資することを2番抵当権設定ローンといいますが、ローン条件の良い銀行住宅ローン等を借り換えすることなく2番抵当から気軽に融資を受けられるので、借り換えによって生じ…

詳しくはこちら
生前贈与での担保ローン利用の注意点

生前贈与での担保ローン利用の注意点

生前贈与での担保ローン利用の注意点不動産担保ローンを融資利用するには様々な融資利用方法があって、所有権での債務者単独融資、不動産共有者全てが協力する連帯保証融資、不動産持ち分名義のみでの持ち分融資、親族の担保提供による担保提供融資等々、資金需要者の立場や状況によって選択出来…

詳しくはこちら

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP