Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

ローン借り換えのデメリット

ローン借り換えのデメリット

ローン借り換えのデメリットローン会社やノンバンクの不動産担保ローンを融資利用検討されている資金需要者の資金使途は様々で、会社員であればカードローンのまとめ資金や教育資金、冠婚葬祭費用、自営業者であれば事業運転資金、設備投資資金等々ありますが、不動産担保ローンで資金捻…

詳しくはこちら
ローン借り換えのメリット

ローン借り換えのメリット

ローン借り換えのメリットローン会社やノンバンクの取り扱う不動産担保ローンを融資利用中で借り換えローンを検討されている資金需要者は多いですが、不動産担保借り換えローンには貸出金利が安くなったり返済年数が大幅に長期になって毎月々の返済額が減額されたりと、最近は借り手で…

詳しくはこちら
新規事業者の借り換えローン利用時のポイント

新規事業者の借り換えローン利用時のポイント

新規事業者の借り換えローン利用時のポイント新規事業者がローン会社の不動産担保ローンを融資利用して開業資金や運転資金、仕入れ資金等を資金調達することは、新規事業計画書や新規開業プラン等の細やかな書類提出は求められますが、担保融資審査自体のハードルは担保余力さえあればさほど高くはありま…

詳しくはこちら
売却つなぎ融資を長期返済ローンに借り換え

売却つなぎ融資を長期返済ローンに借り換え

売却つなぎ融資を長期返済ローンに借り換え個人自営業者や法人経営者が業績不振や決算内容の悪さが原因でやむなく不動産売却つなぎローンを融資利用したものの、その担保融資金投入が功を奏し事業売り上げが伸びて業績回復に至ったとしても一度契約した担保ローン融資内容を変更してくれるローン会社は…

詳しくはこちら
借り換え時の完済金額計算は正確に

借り換え時の完済金額計算は正確に

借り換え時の完済金額計算は正確に資金需要者が融資利用中である不動産担保ローンの融資諸条件を改善するために他のローン会社へと借り換える不動産担保借り換えローンは大変人気のある金融商品ですが、借り換えする際に算出される融資金残債の完済金額計算には正確さを要します。 資金需要者…

詳しくはこちら
根抵当権の複数債権を借り換え一本化

根抵当権の複数債権を借り換え一本化

根抵当権の複数債権を借り換え一本化不動産担保ローンの担保権設定方法には抵当権設定と根抵当権設定があり、極度額の範囲内での追加融資に新たな担保権設定の必要ない根抵当権は個人自営業者、法人経営者には便利な担保権として重宝されますが、複数の債権それぞれに毎月返済義務が生じるため、…

詳しくはこちら
借り換えローンのケースバイケース

借り換えローンのケースバイケース

借り換えローンのケースバイケース不動産担保ローンの借り換え融資実行時には借換先金融機関の担保権抹消書類が必要となりますが、借換先金融機関が銀行や地方銀行、大手ノンバンクである場合に限り、不動産担保借り換えローン融資実行日当日に担保権抹消書類が用意出来なくても担保融資実行す…

詳しくはこちら
複数の担保債権を借り換えおまとめ融資

複数の担保債権を借り換えおまとめ融資

複数の担保債権を借り換えおまとめ融資複数の不動産を所有している資金需要者が各々の不動産を担保にして、別々のローン会社から不動産担保ローン利用している場合はローン会社ごとに毎月返済していく返済義務が生じますが、どちらかの担保不動産に担保余力があれば単独の不動産のみを担保として複…

詳しくはこちら
共有者が未成年者だった場合の借り換えローン

共有者が未成年者だった場合の借り換えローン

共有者が未成年者だった場合の借り換えローン不動産担保ローンに限らず20歳未満の未成年者への単独融資は、特殊な例外を除いて基本的には禁止されていますが、所有不動産の持ち分共有者が未成年者だった場合の不動産担保ローンは融資利用可能なのかという担保ローン相談やお問い合わせがありますので融…

詳しくはこちら
リスケ中ローンの借り換え融資

リスケ中ローンの借り換え融資

リスケ中ローンの借り換え融資銀行の住宅ローンは低金利で最長35年の長期返済が可能な資金需要者にとって非常に有利な金融商品ですが、長期返済中に会社員のリストラやボーナスカット等の年収減額、自営業者の事業売上減少、事故や病気といった債務者の予期せぬ出来事が起こると住宅ロー…

詳しくはこちら

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP