Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

事業者ローンの準備手順

事業者ローンの準備手順

事業者ローンの準備手順個人の方が新規で事業をスタートさせる、もしくは自営業者が本業以外の別事業を立ち上げようとする際に、新規開業資金として銀行やローン会社に不動産担保ローンを申し込む場合には、新規事業の内容や返済計画を記した事業計画書の提出はもちろん、管轄の税務…

詳しくはこちら
根抵当権の複数債権を一本化

根抵当権の複数債権を一本化

根抵当権の複数債権を一本化銀行やローン会社の不動産担保ローンを融資利用する際には担保となる不動産に担保権を設定しますが、借りた金額である債権額を登記設定する抵当権と極度額の枠組みの中で繰り返し担保融資利用可能な根抵当権という異なった特徴を持つ担保権設定方法があります…

詳しくはこちら
法人融資は代表者が高齢でも長期ローン可能

法人融資は代表者が高齢でも長期ローン可能

法人融資は代表者が高齢でも長期ローン可能ローン会社が取り扱う不動産担保ローンを法人が主債務者となり担保融資を利用する場合には、代表取締役である会社社長が連帯保証人として個人保証する必要がありますが、その際に代表者が高齢であったとしても主債務者は法人なので代表者の年齢に関係なく10…

詳しくはこちら
借換資金と事業資金を別会社から資金調達

借換資金と事業資金を別会社から資金調達

借換資金と事業資金を別会社から資金調達不動産担保ローンを取り扱うローン会社には、それぞれのローン会社が規定する担保融資審査基準や不動産担保融資掛け目、担保権設定抵当順位、貸出金利等がありますが、不動産担保借り換えローンと事業資金ローンを異なるローン会社から担保融資利用することが…

詳しくはこちら
自営業の営業継承で担保融資利用

自営業の営業継承で担保融資利用

自営業の営業継承で担保融資利用ローン会社の取り扱う不動産担保ローンを融資利用する際に、会社員が居住用として現在利用中の不動産を担保にする場合は総量規制の対象となりますが、親や親族が営んでいる自営業を会社員が営業継承する場合には総量規制の対象外となり、事業運転資金や新規開…

詳しくはこちら
法人主債務債権の返済交渉を親族が行うケース

法人主債務債権の返済交渉を親族が行うケース

法人主債務債権の返済交渉を親族が行うケース法人が主債務者となって銀行やローン会社から不動産担保ローンを融資利用している場合は、債務の返済状況や延滞状況、一括返済の手続きや返済リスケジュールの交渉等、現在利用している不動産担保ローンに関しての全ての交渉は法人の代表取締役社長や会社役員…

詳しくはこちら
休眠中の法人主債務で事業資金調達

休眠中の法人主債務で事業資金調達

休眠中の法人主債務で事業資金調達ローン会社の取り扱う不動産担保ローンを融資利用するには源泉徴収表や給与明細書、確定申告書や決算書といった表に出る収入証明書の提出が必要不可欠ですが、経営している法人が休眠状態で事業売上が数年に亘って全く無い状態でも、ローン会社の取り扱う不動…

詳しくはこちら
借入計画書、事業計画書の作成方法

借入計画書、事業計画書の作成方法

借入計画書、事業計画書の作成方法個人の自営業者や法人経営者が不動産担保ローンで事業運転資金を融資希望する際には、今後の事業展開を書式化した借入計画書や事業計画書の提出が必須となりますが、ローン会社が担保融資審査する上で一番重要視するのは担保不動産の担保余力なので、借入計画…

詳しくはこちら
遺贈を受けた不動産で事業資金調達

遺贈を受けた不動産で事業資金調達

遺贈を受けた不動産で事業資金調達ローン会社が不動産担保ローンの融資審査する際に担保不動産の取得方法を登記簿謄本等でチェックしますが、不動産の取得方法は売買、相続、贈与、遺贈、競売落札、譲渡担保契約による取得等、様々な不動産取得方法があり、担保不動産の取得方法ごとに融資審査…

詳しくはこちら
決算書は内容よりも期日期限内提出が重要

決算書は内容よりも期日期限内提出が重要

決算書は内容よりも期日期限内提出が重要法人が主債務者となってノンバンクやローン会社の不動産担保ローンを融資利用する際には決算書2期から3期分の提出は必須条件ですが、貸金業者が重要視するのは決算書の内容ではなく期日期限内に決算書をしっかり提出しているかどうかという事実です。決算書…

詳しくはこちら

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP