Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

高齢者の長期返済型不動産担保ローン利用

高齢者の長期返済型不動産担保ローン利用

高齢者の長期返済型不動産担保ローン利用不動産担保ローン業者が資金需要者を何歳から高齢者と認定するかというと、一般的には定年退職後の65歳以上からの年齢を高齢者と規定します。定年後の高齢者からの融資相談は多く、定年退職後に自営業を始める方を中心に多くの融資相談を受けます。資金使途…

詳しくはこちら
担保割れ不動産によるローン相談

担保割れ不動産によるローン相談

担保割れ不動産によるローン相談銀行や貸金業者からの住宅ローン、不動産担保ローン借り入れ残債務が残った状態、いわゆる担保割れ状態で融資相談や融資申し込みを受けるケースは多々あります。資金需要者からは「オーバーローンだけど融資は受けられるのか?」「担保割れしちゃっているけど…

詳しくはこちら
住宅ローン返済中の第三者賃貸は金消契約違反

住宅ローン返済中の第三者賃貸は金消契約違反

住宅ローン返済中の第三者賃貸は金消契約違反銀行や住宅支援機構が取り扱う住宅ローンは、フラット35を代表として低金利、長期返済可能と資金需要者にとって非常に優遇された金融商品です。しかし、その資金使途は債務者や債務者家族が居住するための居住用不動産購入のみと限定され、その他の用途で担…

詳しくはこちら
返済シミュレーションによるローン見直し

返済シミュレーションによるローン見直し

返済シミュレーションによるローン見直し複数の不動産を所有していて、それぞれ別の貸金業者から不動産担保ローンを利用しているお客様から返済シミュレーションによるローン見直しを相談された融資事例をご紹介します。実家の隣地に住宅支援機構の住宅ローンを利用して、居住用不動産を購入した福岡…

詳しくはこちら
新規開業資金融資審査には柔軟で借りやすい担保ローン

新規開業資金融資審査には柔軟で借りやすい担保ローン

新規開業資金融資審査には柔軟で借りやすい担保ローン不動産担保ローンは様々な用途や資金使途に対応できる人気の金融商品ですが、貸金業法の法改正により資金使途や用途に合わせたエビデンスの提出が融資審査においての必須事項となりました。単純な不動産担保ローンの借り替え融資であれば、登記簿謄本閲覧によ…

詳しくはこちら
払えない借金は売却返済ローン

払えない借金は売却返済ローン

払えない借金は売却返済ローン居住用として利用している不動産を売却する場合には様々な要因がありますが、その中でも住宅ローンの延滞や増えすぎた借金、払えない借金の返済のために不動産売却を選択される債務者が非常に多いです。払えない借金の借金苦による不動産売却ですから日常の生…

詳しくはこちら
無登記ローンの現状

無登記ローンの現状

無登記ローンの現状不動産担保ローンの金融商品で担保権を設定せずに、無担保設定状態で融資実行する不動産担保ローン登記設定留保という金融商品がありました。担保権を設定せずに融資実行が受けられると資金需要者から人気のある金融商品でしたが、その融資実態が無担保信用貸…

詳しくはこちら
ローン返済中の不動産売却で残債整理

ローン返済中の不動産売却で残債整理

ローン返済中の不動産売却で残債整理ノンバンクの不動産担保ローンを利用しているお客様の中には、不動産担保ローン返済中は担保不動産を債権者の許可無しに不動産売却できないと勘違いされている債務者も少なくありません。自己所有する不動産を売却処分して、その不動産売却益をノンバンクの返…

詳しくはこちら
共有名義の持ち分にも抵当権の強制執行は及ぶ

共有名義の持ち分にも抵当権の強制執行は及ぶ

共有名義の持ち分にも抵当権の強制執行は及ぶノンバンクの不動産担保ローンを利用中で、債務者の返済延滞等の理由により債権が第三者へ譲渡され、新たな債権者から債務の一括返済を迫られた場合、債務者はその一括返済請求に応じなければいけません。債務者の返済延滞で期限の利益を喪失した債権者からす…

詳しくはこちら
住宅ローン併用の懸念

住宅ローン併用の懸念

住宅ローン併用の懸念総量規制導入前の消費者金融業界は順調に高い金利の融資残高を伸ばしてきましたが、総量規制導入後は業界が再編され、消費者金融で扱うフリーローンの延長線上にあるノンバンクの不動産担保ローン市場も同様に貸し付け融資残高が縮小されました。しかし総量規…

詳しくはこちら

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP