Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

親名義の不動産を担保にする際の注意点

親名義の不動産を担保にする際の注意点

親名義の不動産を担保にする際の注意点ローン会社の不動産担保ローン融資相談の中で、資金需要者の所有ではない親名義の不動産を担保に融資を受けられるのかというローン相談や融資お問い合わせは多いですが、不動産所有者である親の承諾がしっかり得られていて、尚且つ契約行為等に支障のない判断…

詳しくはこちら
高齢者の本人確認は柔軟対応も可能

高齢者の本人確認は柔軟対応も可能

高齢者の本人確認は柔軟対応も可能高齢者が単独でローン会社の不動産担保ローンを融資利用する際には運転免許証やパスポート、マイナンバーカードといった顔写真付きの身分証明書の確認が必要となりますが、他に主債務者がいて高齢者は担保提供や物上保証のみという立場の場合は顔写真付きの身…

詳しくはこちら
親族からの贈与ではなく担保提供で資金調達

親族からの贈与ではなく担保提供で資金調達

親族からの贈与ではなく担保提供で資金調達不動産担保ローン利用を検討している方の中には、主債務者本人が不動産を所有していないと担保融資利用が出来ないと誤解している資金需要者もいます。 不動産担保ローンを融資利用するために親族の所有する不動産を資金需要者に生前贈与し、所有権移転登記を…

詳しくはこちら
地方物件で高齢者が担保提供する際の問題点

地方物件で高齢者が担保提供する際の問題点

地方物件で高齢者が担保提供する際の問題点資金需要者が担保不動産を所有していない、若しくは不動産は所有しているが住宅ローンが残っていて担保余力が少ない等、担保不動産が無い場合は資金需要者の親族、あるいは資金需要者が法人経営者で法人役員が所有する不動産を担保提供してノンバンクの不動産…

詳しくはこちら
連帯保証人と物上保証人との違い

連帯保証人と物上保証人との違い

連帯保証人と物上保証人との違いまとまった資金を調達する手段、方法として不動産担保ローンは最適な金融商品ですが、自己所有する不動産が担保力不足であったり資金需要者が不動産を所有していない場合は、資金需要者の身内や親族、法人が資金需要者であれば法人役員の所有する不動産を担保…

詳しくはこちら
住宅オーバーローンの返済事例

住宅オーバーローンの返済事例

住宅オーバーローンの返済事例住宅金融公庫や都市銀行、地方銀行、信用金庫等の住宅ローンの債務、借金が残っている状態でも不動産売却は可能ですが、不動産を売却した売却金額で住宅ローンの残債務を一括返済出来なければ住宅金融公庫等の抵当権や根抵当権といった担保権を抹消登記出来な…

詳しくはこちら
担保提供者への融資契約事前説明は重要

担保提供者への融資契約事前説明は重要

担保提供者への融資契約事前説明は重要不動産担保ローンの融資相談の中で比較的多いお問い合わせ内容は、家族名義の不動産を担保として融資を受けることは可能なのかという融資相談です。もちろんご自身の担保不動産でない家族名義の不動産であっても、そのご家族の不動産担保提供承諾と不動産担保…

詳しくはこちら
実家の担保提供で開業資金

実家の担保提供で開業資金

実家の担保提供で開業資金新規事業を開業するための融資、新規開業資金を日本政策金融公庫等で資金調達される方は多いです。低金利で新規開業資金が捻出できるとあって人気ですが、不動産担保の有無に関わらず融資審査が厳格なうえに審査から融資実行まで概ね3ヶ月を要します。事業実…

詳しくはこちら
担保提供者が高齢の場合の融資審査

担保提供者が高齢の場合の融資審査

担保提供者が高齢の場合の融資審査不動産担保ローンを検討中でご家族の担保提供者が高齢者の場合は、意思能力確認のために痴呆症でないことを証明する医師発行の診断書の添付や、長谷川式認知症スケールという簡易的な知能検査のクリアが融資の審査条件になっているノンバンクが大半を占めます…

詳しくはこちら
保証人となる役員の担保提供による法人借り入れ

保証人となる役員の担保提供による法人借り入れ

保証人となる役員の担保提供による法人借り入れ3月は事業年度末で法人決算期という事業者も多く、法人決算期に資金需要を希望される事業者の融資相談が増える時期でもあります。資金需要者が担保不動産を所有せず、親族等から不動産担保提供の承諾を得られない場合は、ビジネスパートナーである法人役員に…

詳しくはこちら

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP