Column

不動産担保ローン情報ブログ

気になる事例

不動産担保ローンを利用検討中・利用中の方に、
より一層のお役に立つ情報を配信中!

相続登記と相続税申告の期限

相続登記と相続税申告の期限

相続登記と相続税申告の期限不動産担保ローンの融資相談で親族から相続を受けた不動産を担保に融資を受けようとするお客様は多いですが、お客様の中には相続税の申告や相続登記を済ませていない未相続の状態で融資相談される方もおり、相続登記を完了させない限り不動産担保ローン融資利…

詳しくはこちら
支払い明細の提出が必要となる融資条件

支払い明細の提出が必要となる融資条件

支払い明細の提出が必要となる融資条件ローン会社が不動産担保ローンで融資実行した後に融資実行金がお客様の希望した資金使途として融資利用されたかどうかをチェックするため、カードローンおまとめ資金であればカードローン各社の支払い明細書、滞納している税金の納付資金であれば税金納付の領…

詳しくはこちら
資金使途として提出するエビデンスの多様性

資金使途として提出するエビデンスの多様性

資金使途として提出するエビデンスの多様性ローン会社の取り扱う不動産担保ローンの資金使途は公序良俗に反していなければ基本的に制約は無く、使い道が自由のフリーローンとして広くお客様の資金需要に応えておりすが、どのような資金需要であれ資金使途の裏付けとなるエビデンスの提出は必要不可欠と…

詳しくはこちら
会社員への担保融資は返済比率も重要視

会社員への担保融資は返済比率も重要視

会社員への担保融資は返済比率も重要視会社員やサラリーマンといった勤め人への不動産担保ローンで居住用不動産を担保とする場合は総量規制の対象となりますし、空き家や更地、収益不動産といった居住用以外の不動産を担保にする場合も資金需要者の年収、収入に見合った総合的な借金への返済比率も…

詳しくはこちら
融資条件は担保物件の状況次第

融資条件は担保物件の状況次第

融資条件は担保物件の状況次第資金需要者が複数の担保不動産を所有している場合は、その担保不動産の地域性や土地形状、使用状況や持ち分割合、担保権設定の有無等によって不動産担保ローンの貸出融資条件が異なってきますので、資金需要者ご自身の判断で担保不動産を選ぶのではなく、ロー…

詳しくはこちら
複数のローン会社から担保融資利用する方法

複数のローン会社から担保融資利用する方法

複数のローン会社から担保融資利用する方法ローン会社の不動産担保ローンを融資利用すると抵当権や根抵当権といった担保権設定をして債権保全を図りますが、基本的にローン会社は同一規模レベルの貸金業者の後順位設定から不動産担保融資は実行しませんし、稀に第2抵当順位から不動産担保ローンを融資…

詳しくはこちら
贈与登記の有無は司法書士が面前確認

贈与登記の有無は司法書士が面前確認

贈与登記の有無は司法書士が面前確認ローン会社が不動産担保ローンの融資審査する際に担保不動産の所有権移転登記が3年から5年と直近の場合は移転原因を資金需要者からヒアリングしますが、所有権移転原因が売買の場合は不動産売買契約書や領収書等で確認しますし、相続や贈与が移転原因であれ…

詳しくはこちら
不動産競売開始決定を担保ローンで回避

不動産競売開始決定を担保ローンで回避

不動産競売開始決定を担保ローンで回避銀行や住宅金融支援機構等からフラット35や長期返済ローンを組んでいても毎月々の返済が長期間に亘り延滞すれば不動産競売に掛けられて強制執行されますし、住民税や固定資産税といった納税義務のある税金を長期間に亘り滞納していると所有不動産を差し押さ…

詳しくはこちら
空室収益不動産の担保査定評価方法

空室収益不動産の担保査定評価方法

空室収益不動産の担保査定評価方法ローン会社がアパートやマンション、テナントビルや駐車場といった収益不動産を担保査定評価する際には年間の想定賃料収入から算出した収益還元方式による不動産担保査定評価方法を参照しますが、収益不動産が空室のいわゆる空き家状態の場合は近隣の不動産賃…

詳しくはこちら
競売落札物件の担保評価は実勢価格重視

競売落札物件の担保評価は実勢価格重視

競売落札物件の担保評価は実勢価格重視ローン会社が取り扱える不動産担保ローンの担保不動産には銀行で住宅ローンを組んで購入した一戸建て住宅や分譲マンション、親から相続や贈与された実家不動産や更地、親族や会社役員から担保提供を受けた収益物件等々、様々な担保不動産がありますが、裁判所…

詳しくはこちら

「気になる事例」はプライバシーポリシーの理念に基づき、名称、属性、融資内容は編集した事例となります。
不動産担保ローン市場のよくあるケースを収集、解説しています。

不動産担保ローンのABCサニーへお気軽にお問い合わせください

スマホからはタップでOK
0120-320-170FAX03-3431-5752
WEBからのお問い合わせは24時間受け付け中
TOP